頻尿が原因で深い眠りに付けないケース

年を取るにつれて夜なかなか眠れなかったり、眠りが浅いので夜中に目が覚めてしまうという人は沢山います。その原因のひとつとして頻尿を挙げることができます。頻尿は誰にでも起こり得ることではありますが、若い人に比べて圧倒的に高齢者に多いというのが実状です。

頻尿が高齢者に多い原因は、原因となりやすい糖尿病や前立腺肥大症を始めとする病気には、若い人よりも高齢者の方がかかりやすいということもありますが、加齢による骨盤付近の筋力低下や抗利尿ホルモンの分泌低下などによって、尿の量を調節する機能が低下することが原因となることもあります。

そして、いったん夜中にトイレに起きてしまうと、もう朝まで眠れないという人も少なくはありません。また、眠れたとしてもその眠りは浅いものとなってしまい、ぐっすりと眠れないのでまたトイレに行きたくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。

そんな眠れない日が続くと、当然のことながらついには不眠症になってしまうことも少なからず起こってしまいます。そして、十分な睡眠が取れないことにより、昼間に身体のだるさを感じたり、イライラすることが増えてしまうなど、眠れないことが原因で起こる弊害はたくさんあります。

頻尿が加齢によるものである場合、ある程度は仕方がないのかもしれません。しかし、努力をすることで頻尿とうまく付き合って、毎日の浅い眠りから脱出するということは十分に可能です。

例えば運動をするということは頻尿対策ばかりでなく、眠れない辛さによく効く薬であると言ってもよいでしょう。昼間の間に適度に運動することによって、身体の水分が汗として外に放出されるため尿として排出される水分の量を減らすことが可能となります。それだけではなく、適度な運動をすることで身体が疲労するため、夜になったら疲れてぐっすり眠れるということも期待できるのではないでしょうか。

また、骨盤付近の筋力の低下も頻尿の一因となるので、骨盤底筋体操を行い骨盤を鍛えることによって、ある程度頻尿を抑えることができます。

夜寝る前の水分補給の種類に注意する

寝る前に利尿作用が大きいお茶などを控えるというのも有効な手段のひとつです。水分を摂ることは身体に良いからと言ってお茶やコーヒーなどカフェインを多く含むものをたくさん飲むことはおすすめできません。確かにお茶は身体に良いと言われていますが、お茶には利尿作用があるので、睡眠前に飲むと夜中の頻尿につながってしまいます。またカフェインは入眠を妨げる大きな要因なので睡眠前に飲むことは控えるようにしましょう。

人間にとって水分はなくてはならないものですが、いつ、どのように摂取するかを少し見直してみるだけで頻尿は改善することができます。特に今までそういったことに気を留めていなかったという人は、睡眠前の水分補給については今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

こうして考えてみると病気以外の頻尿でぐっすり眠れないという人でも、自分の日常生活を少し見直して改善することで、かなりの効果が期待できそうです。昼間の間に程よく運動し、水分を補給を行い、夜間になったら水分を控えることで、昼間の疲れも手伝って心地よく眠れるようになれるかもしれません。

年を取ってしまったから、頻尿になるのは仕方がないと諦めてしまう前に運動や骨盤体操、そして寝る前の水分調整を行うことによって、頻尿と上手に付き合っていくことはきっと可能です。そして夜の間ぐっすり眠ることは朝のすっきりとした目覚めにつながります。

このように考えれば頻尿は今日からでも改善が可能なのではないでしょうか。寝る前に水分を摂り過ぎないということは、すぐに実施できることです。まずは自分にできることから始めれば、だんだんと気持ちの良い睡眠と眠り足りた朝のすがすがしさを取り戻せるのではないでしょうか。