薬局で手に入る人気の睡眠導入剤

昼と夜の区別が少なくなっている現代。夜中でも営業している店も多くいつでも買い物ができたり、インターネットの普及で時間を問わず仕事もできてコミュニケーションもとれるのは大変便利なことです。しかしその一方で質のいい睡眠をとることができずに悩む人が増え続けているのも事実です。

うつ病などの精神疾患が原因となって寝付けない場合は専門医やカウンセラーの診断を受けるのが最優先となりますが、一時的に疲れやストレスが溜まり寝付きにくくなったり眠りが浅くなってしまっている場合は薬局で買える睡眠導入剤で不眠を改善できるかもしれません。

薬局やドラッグストアでは多くの睡眠導入剤が販売されています。ドリエルなどはテレビでも宣伝されていますので名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。他に、医師の処方が無くても薬局やドラッグストアで購入することのできる睡眠導入剤はネオディ、ヨネール、スリーピン、ドリーミオなどがあります。ではその違いは何なのでしょうか。

ドリエルを始めとするドラッグストアで購入できる睡眠導入剤の主成分はジフェンヒドラミン塩酸塩であることがほとんどです。例に挙げたネオディ、ヨネール、スリーピン、ドリーミオも全てジフェンヒドラミン塩酸塩が処方されたお薬です。ジフェンヒドラミン塩酸塩とはアレルギーの治療などに使われる抗ヒスタミン薬の一つで、覚醒に関わる物質であるヒスタミンの働きを抑制する効果があります。そのため神経の興奮を抑えて不眠の改善につなげられるのです。

ここまでに述べたように、薬局やドラッグストアで販売されている睡眠導入剤は主成分はほとんど変わりません。しかし錠剤やカプセルにする上で使用する添加物にそれぞれ違いがあり、体質によって効果の感じ方に差が生じることもあります。ドリエルとドリエルEXのように同じ薬でも効き方や飲み方を選べるものもあります。昼と夜の違いが少なくなり誰もが不眠になる可能性のある現代において、薬局で自分に合った睡眠導入剤を選んで手に入れられることは多くの人の救いになっています。

寝てない自慢をする日本人が多いのは何故?

されて最も困る自慢の内容をアンケートで調査すると、いつも上位に入っているのが寝てない自慢です。なぜ日本人は寝ていないことを自慢したがるのでしょうか。

一つには日本人が、辛いことに耐えて頑張ることが美しいと考える風潮があるからだと考えられます。寝る時間も作れないほど頑張っている自分を周囲に認めてもらい、褒めてもらいたいという気持ちから寝ていないということを周囲にアピールするのです。

それから最も多いと思われるのが、自分の生活が充実していることを周囲に知ってもらいたいという気持ちから自慢をする場合ではないでしょうか。例えば仕事が忙しく、家でも夜中まで仕事をしなければならない。それほどまでに自分が必要とされている仕事があるのだというアピール。または交友関係が広く、毎日夜遅くまで約束で埋まっていて寝る時間もないと周囲に思われたいという見栄っ張りな人のパターンです。

他には寝ていないと言うことで自分の体を気遣ってもらいたいという人や失敗した時の言い訳にしたいと考える人もいるかもしれません。しかし寝ていないということが自慢になるのは日本だけのようです。日本でもこれだけ困る自慢としてポピュラーなのですから、寝ていないことを自慢する人の思惑通りには受け取り手には伝わっていないでしょう。

多少の無理をしてでも何かを頑張ることや、たまに羽目をはずして思い切り楽しむのはいい事ですが、仕事や勉強が夜中まで終わらなくて寝られない人は要領の悪い人、学校や仕事の後も遊びに忙しくて寝られない人は自己管理のできないだらしない人と思われかねません。寝てない自慢をされる側の人のこういった意見も多く聞かれるようになった現在、日本でも寝ていないことが自慢にならなくなる日が近いかもしれません。