睡眠導入剤は危険?副作用はないのか

現代社会では、ストレスや緊張から床についてもすぐに眠ることができず、やっと眠りについても途中で目が覚めてしまうなど健康な睡眠が取れないという人はたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人の強い味方と言えば、睡眠導入剤です。入手の仕方として、まずは病院へ行って自分の不眠の症状を医師に話し、症状に合った睡眠薬や睡眠導入剤を処方してもらうという方法があります。しかし、中には病院へ行くことに抵抗があったり、毎回処方してもらうのも手間がかかって避けたいという人もいるのではないでしょうか。そういった人のためには、薬局で購入したり、通信販売で睡眠導入剤を個人輸入するという方法もあります。

入手の仕方は人それぞれですが、こういった薬には多かれ少なかれ副作用の心配があるということを覚えておきましょう。

睡眠導入剤の副作用として挙げられるのは、毎日服用することによって依存性が出てしまい、薬がないと眠りに入れなくなってしまうということがあります。それから長く服用を続けることで耐久性がついてしまい、より強い睡眠導入剤が必要になるということも考えられます。また、酷くなると入眠時の記憶がなくなってしまったり、物忘れをするようになったという例もあります。

このように考えると、睡眠導入剤は危険な薬のように思われがちですが、そんなことはありません。どんな薬でも副作用は付きものです。正しい服用の仕方をしっかりと頭に入れて飲むようにすれば危険なことはありません。例えばお酒やワインなどを飲んだ後に薬を服用してしまったら、思わぬ副作用が出てしまったということはよく聞く話です。それから自分で勝手に錠剤の数を増やしたりすることもご法度と言えるでしょう。

その意味でも不眠に悩んでいるという人は、最初から個人輸入で入手という方法をとるよりも、病院へ行って副作用のリスクについてもきちんと説明を受けたうえで、自分に合ったタイプの薬を処方してもらうところから始めてみてはいかがでしょうか。

睡眠薬と睡眠導入剤はまったく別のもの

さて、ここで注意が必要なことは、睡眠薬と睡眠導入剤は違うものだということです。どちらも睡眠を助ける作用があるところは一緒ですが、睡眠薬には夜中に途中で起きてしまうことを防ぐための作用が含まれています。従って薬の作用時間が長時間続くという特徴を持っています。

寝つきは悪くないけれど、夜中に何度も起きてしまったり、いったん途中で目を覚ますと朝まで眠れなくなってしまうという人は、医師と相談の上、睡眠薬を処方してもらうとより効果が期待できるかもしれません。

一方、睡眠導入剤は眠りに入るのを助けるための薬なので、即効性はありますが薬の効果は短時間となります。眠りに入る前の感情を安定させリラックスすることで眠りに入りやすい状況を作ります。

このふたつの違いをきちんと把握したうえで自分の睡眠をコントロールするということは非常に大切なことです。現在では以前に比べて安全な薬が開発されているので、それほど心配する必要はありませんが、たくさんの種類の薬が薬局で買えたり個人輸入ができたりする時代なので、自分に合った薬を選ぶようにしましょう。

睡眠は健康的な生活を送るうえで非常に大切です。本来ならば薬の助けがなくてもすんなり眠りに入り朝までぐっすり眠るというのが理想的ですが、高齢になるにつれ眠りが浅くなったり、ストレスで気持ちが高ぶって眠らなくてはいけないのに眠れないということはよくあることです。

一時的な不眠症への対応としては、睡眠導入剤は非常に効果的です。長い間飲み続けるのではなく、例えば休みの前の日は服用しないなど自分でルールを作るのも依存症に発展しないためのひとつの対策です。子供の頃のような快適な眠りとさわやかな目覚めを取り戻すために睡眠導入剤を上手に使えば、きっと眠れない夜から解放されることでしょう。