今すぐお金が必要 高校生

高校生だけど今すぐお金が必要!そんなときどうする!?

画像

「今すぐお金が必要!どうしよう・・・」

 

なにかとお金が必要になる高校生。

 

アルバイトでお小遣い程度のお金は稼ぐことができますが、それでも足りなくなるような緊急事態は往々にしてあるもの・・・。

 

しかし、そんな危機的状況であっても、高校生という身分では様々な制限があり、どう対処すればよいかわからないですよね。

 

そこで、

 

この記事では、「今すぐお金が必要」な高校生のための現金調達法について詳しくまとめてみました。

 

お急ぎの場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

 

高校生は、金融機関でお金を借りられない

結論から申し上げますと、高校生は金融機関からお金を借りることはできません。

 

これは、法律上の問題で未成年者は単独での契約行為が認められていないからです。

 

【民法第5条】

  1. 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
  2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
  3. .第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

引用:Wikibooks 

 

これによって、正規の金融機関ではローンのお申込み条件の中に、「20歳以上」という年齢制限を設けているため、仮に、アルバイトなどの収入があったとしてもお金を借りることはできません。

 

未成年は質屋でも借りられない

質に出した品物を担保に、審査なしで融資を受けられる質屋ですが、やはり高校生はお金を借りることができません。

 

質屋でお金を借りる際には、身分証明書の提示が必要になるため、年齢を偽ってお金を借りることも不可能です。

 

高校生がお金を借りるには?

高校生がお金を借りるには、親や友人を頼るしかありません。

 

ご自身が、どういった経緯でお金が必要な状況にあるのかを誠意をもって説明すれば、ご両親は力になってくれるかもしれませんね。

 

友人からお金を借りるのも一つの手ですが、高校生の身分で友人からお金を借りることはおすすめしません。

 

というのも、金銭トラブルになるケースが非常に多いからです。

 

契約書を取り交わしていない口約束でのお金の貸し借りは、どうしても金銭トラブルにつながりやすいので、お金を借りるのであればご両親をあてにする方がよいでしょう。

 

借りずに現金を調達する方法

ここまでの内容から、高校生がお金を借りるのはどうやら難しそうですね。

 

そこで、ここでは借りずに現金を調達するについてご紹介していこうと思います。

 

たとえ高校生であっても、気軽にお小遣いを稼ぐ方法は沢山ありますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

不用品を売る

読み終わった本や、棚で眠っているCDやDVD、ブルーレイなどを一気に売ってしまえば、即日で現金化できます。

 

ブックオフやハードオフなどの店舗に不用品を持ち込めば、ものの数分で査定が終了し、現金を受け取ることができます。

 

多くの買取店では、18歳以上であれが、高校生であっても親の同意なしに売ることができますので、まずは家の中で使わないものがあるかどうか調べてみたはいかがでしょうか。

 

日払いのアルバイト

勉強やプライベートが忙しい高校生でも、日払いのバイトなら空いた時間で気軽にお金を稼ぐことができます。

 

最近では、インターネットのバイトマッチングサービスが充実していて、未経験者でも稼げるアルバイトを簡単に探すことができますので、

 

スキマ時間を利用して賢くお金を稼いでいる高校生も少なくないんですよ。

 

日払いのバイトと聞くと肉体労働をイメージする人も多いかもしれませんが、実際には仕事内容も多岐にわたっていて、楽しくて高収入なものも沢山あるんです!

 

【高校生おすすめの日払いバイト】

アンケートモニター

商品のモニターとして感想を届ける仕事。

 

単価が安く大きく稼ぎにくいが、WEB上で仕事ができるため、自宅で完結する。

 

スキマ時間で気軽に稼げるのが魅力。

 

イベントスタッフ

コンサートや音楽フェスの会場設営や運用・撤去作業などが主な仕事内容。

 

専門スタッフがいるため以外と未経験者でも成立します。

 

会場アナウンスなど女性が活躍できる場も多く日給8000円〜20000円と高収入なのが魅力です。

 

ただし、拘束時間が長いのが難点・・・

 

交通量調査

指定された場所に座り、カウンターを用いてひたすら車両の数を数える仕事。

 

定期的に集計結果を書類に記入して、またカウント作業に移るという単純作業でありながら、日給10000円前後と高収入。

 

単純作業に飽きるデメリットもあるが、基本座りっぱなしで体力を使わないオイシイ仕事内容である。

 

覆面調査員

指定された飲食店や美容室などに客として入り、サービス内容を調査して報告するお仕事。

 

例えば、スタッフの接客態度、店内の清潔度、サービスのクオリティなどを抜き打ちで評価するわけですね。

 

拘束時間が数時間程度で、謝礼が数千円〜数万円もらえるので気軽にできます。

 

しかも、サービスや食事料金は派遣元が負担してくれるので、無料で食事やサービスが受けられるとてもうれしい仕事です。

 

これらの仕事を選ぶうえでチェックしておきたいのが、給料が「即日支給」であるかどうかです。

 

日払いのバイトでも、給料だけは後日支給の場合があるので、今日中にお金が必要な方は即日支給の仕事を選ぶようにしましょう。

 

おすすめのバイトマッチングサービス

 

  • 今すぐお金が必要な高校生におすすめ!
  • 1日2時間からOKの仕事でしかもバイト代は即日支給
  • 空いた時間に少しでも稼ぎたい方には最適なバイトマッチングサービスです。
  • 「無料登録」だけでもしておくと非常に便利ですよ♪

 

ポイントサイト

ポイントサイトを利用すれば、高校生であっても、スマホ一台でお金を稼ぐことができます。

 

方法としては、

 

@「ポイぷる」などのポイントサイトに登録して、

 

Aゲーム、占い、クイズ、アプリダウンロードをすることで少しづつポイントを貯める

 

B貯まったポイントを現金に交換します。

 

これだけです。

 

これらのポイントサイトは12歳から利用可能なので、なんと中学生から稼ぐことが可能!

 

ただし、ポイントの還元率は非常に低いので、小額のお金が必要な場合に最適です。

 

 

クラウドソーシング

ライティングやWEBデザインなどのスキルを持っているのであればクラウドソーシングを利用してみるのもいいかもしれません。

 

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業が不特定多数の人に業務を発注する形態のこと。

 

クラウドソーシングサービスに登録すると、様々な案件の仕事が発注されていて、その中から自分に合った仕事を選ぶことができます。

 

仕事内容としては、

 

  • アンケート調査
  • ブログ記事などのライティング
  • WEBデザイン
  • プログラミング
  • アプリ開発
  • 翻訳

 

などです。

 

専門性の高い仕事や、特殊なWEBスキルを必要とするものほど高収入ですのでパソコンが得意な方なら高校生でも十分に稼ぐことができます。

 

また、アルバイトとは違い、インターネット環境とパソコンがあれば成立するので、時間と場所を選ばないところ魅力です。

 

未成年者の場合、親の同意が必要となりますので、予めご両親に相談しておくと、スムーズに始めることができますよ♪

 

おすすめのクラウドソーシングサービス

画像

 

クラウドワークスは、お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名以上を誇る、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

 

闇金・違法貸金業者に注意!

もし、「高校生でも借りられる」といううたい文句で融資を促している広告を目にしたのなら、それは、間違いなく違法な闇金業者ですので、絶対に手を出してはいけません。

 

銀行であれ消費者金融であれ、正規の金融機関で高校生に融資をしており所はありません。

 

あるいは、闇金だとわかっていても、金銭的な余裕がなくなると正常な判断ができなくなり、つい手を出してしまうケースもあるようです。

 

一度でも闇金でお金を借りてしまうと、法外な金利で借金が膨れ上がってきます。

 

そして、返済が滞ると容赦ない取り立てや嫌がらせをしてくるのが闇金業者の特徴です。

 

少額だからといって、軽い気持ちで手を出してしまうと、取り返しのつかない事態になってしまいますので、くれぐれも気を付けてくださいね。

 

また、インターネット上の個人でお棺を貸し借りする「個人間融資掲示板」も闇金業者が多く潜んでいます。

 

知らない間に、巧みに融資を促して後から法外な金額を請求してくるようなトラブルが後を絶ちませんので、こちらも利用は避けてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

それでは、ここまでの内容簡単に振り返ってみましょう。

  • 高校生は、金融機関からお金を借りることはできません。これは、【民法第5条】により定められたもので、銀行でも消費者金融でも同じです。
  • 20歳以下の高校生は、質屋でお金を借りることもできません。
  • 高校生がお金を借りるには、親もしくは友人からお金を借りること。もし借りるのであれば金銭トラブルに発展しにくい親がおすすめです。
  • 高校生がお金を借りずに現金を調達する方法としては「不用品を売る」「日払いのバイトで稼ぐ」「ポイントサイト」「クラウドソーシング」などがあります。
  • 「高校生でもお金を借りられる」といううたい文句を見つけたら、それは闇金業者!絶対に手を出してはいけません。
  • 闇金業者が多く存在する、インターネット上の「個人融資掲示板」も利用は避けましょう。