今すぐお金が必要 無職

今すぐお金が必要!無職の人はどうすればいい??

画像

 

 

「現在無職だけど、今すぐお金が必要!」

 

あなたは今このような状況でお悩みではありませんか?

 

無職=ニートというイメージがあるかもしれませんが、無職とは「労働収入がない状態」を指します。

 

つまり・・・

 

  • リストラや、自主退社により失業中の人
  • 現在、就職活動中の人
  • 内定(就職先)は決まったが、まだ働き始めていない人

 

なども、無職ということになります。

 

そして、

 

このような収入がない時に限って、急にお金が必要になるケースは往々にしてあります。

 

この記事では、無職でも「今すぐ」に対応した現金調達法について分かりやすく解説していきますので、

 

お急ぎの場合はぜひ参考にしてみてください。

 

 

無職の人はカードローンでお金を借りられない

今すぐお金が必要な時の対処法として、真っ先に思いつくのが「カードローン」ではないでしょうか。

 

特に、即時融資に対応している消費者金融カードローンは緊急時においては強い味方になってくれます。

 

しかし、結論から言いますと、無職の人はカードローンでお金を借りることができません。

 

なぜなら、審査に通らないからです。

 

無職の人がカードローン審査に通らない理由

貸金業法という法律の下で運用している消費者金融カードローンでは、総量規制という法律が適応されます。

 

総量規制とは、「お金を借りる人の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけない」というもの。

 

つまり、

 

労働収入が0円である無職の人にお金を貸すと法律違反になってしまうため、融資することができないのです。

 

銀行法に基づいて運用している銀行カードローンも同様に、無職の状態で審査に通るのは不可能です。

 

ただし、

 

専業主婦で、配偶者に安定した収入がある場合、例外的に一部の銀行カードローンでは融資を受けることができます。

 

無職であることはごまかせない

カードローンの審査では、あなたが現在働いている勤務先へ電話をかけることで「在籍確認」を必ず行っております。

 

一部、電話とは別の方法で在籍確認をしているカードローン会社もありますが、それなりの書類を提出しなければいけません。

 

仮に、申込記入欄に虚偽の勤務先を入力しても、審査の過程でバレてしまうので、くれぐれもカードローン審査申し込みで嘘の入力はしないようにしましょう。

 

【関連記事:カードローン|在籍確認の電話で職場にばれる事ってある!?

 

無職の人がお金を借りる方法は?

カードローン以外にも、お金を借りる方法はあります。

 

ここでは、無職の人がお金を借りるための方法について解説していきます。

 

質屋でお金を借りる

「質屋」は、無職の人がお金を借りる方法としては、最もおすすめです。

 

質屋では、自分の所有している品物を「質入れ」し、その品物の査定額に応じた融資を受けることができます。

 

質入れした品物は、借りた金額+質料(手数料)を支払えば手元に戻ってきますが、期限内に返済できない場合は「質流れ」といって、質入れした品物の所有権が質屋に移ります。

 

質入れした品物の預かり期間は、店舗によって異なりますが、一般的には3か月間程度です。

 

質屋の良いところは、質入れする商品と身分証明書があれば、すぐにでも融資が受けられることです。

 

カードローンのような借り入れ審査を受ける必要もありませんし、仮に返済できなかったとしても「質流れ」になるだけです。

 

質屋での一連のやり取りは、信用情報機関を経由しないため、返済できなくても信用情報に傷がつくことはなく、いわゆる「ブラック」になることもありません。

 

ですので、質入れできる品物があるのであれば、質屋を利用してみてもいいかもしれません。

 

【質入れできる品物一覧】

  • ブランドバック
  • 腕時計
  • 貴金属類
  • 宝石
  • スマートフォン
  • パソコン
  • ゲーム機

 

親や友人からお金を借りる

一時的であれ、本当にお金に困っているのであれば、親や友人に頼んでお金を貸してもらうというのも一つの方法でしょう。

 

あなたのことを、無償で愛してくれるご両親や、子供のころから苦楽を共にした友人であれば、あなたのピンチに快くお金を貸してくれるかもしれません。

 

ただし、注意したいのが金銭トラブルです。

 

「金の貸し借りは縁の切れ目」という言葉があるように、誰かからお金を借りことは、一つ間違えると人間関係を壊してしまう程デリケートな行為でなのす。

 

金銭トラブルの多くは、口約束だけでお金を借りて、書面で何も残していないためにおこるケースがほとんどです。

 

ですので、親や友人からお金を借りる場合は、必ず「借用書」を作成してください。

 

【借用書に書く内容】

  • 契約書を作成した日付
  • 貸主の氏名・住所・押印
  • 借主の氏名・住所・押印
  • 借りた金額
  • 金利
  • 返済期日
  • 返済方法

 

 

これらのことを手書きで構いませんので、残しておくようにしましょう。

 

特に、親からお金を借りる場合、110万円以上の借金は贈与とみなされ、贈与税を支払わなければならなくなるケースもありますので、

 

こうしたことを避けるためにも、借用書の作成は必須です。

 

クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカードには、普段のお買い物で使用するショッピング枠とは別に、お金を借りることのできるキャッシング枠が存在します。

 

あなたも、クレジットカードを作った際にキャッシング枠を設定したはずです。

 

クレジットカードは、新規で契約する際にキャッシング機能も含めた審査をしていますから、キャッシング機能を使うのに改めて審査を受ける必要はありません。

 

ですので、

 

もし、キャッシング枠のあるクレジットカードを持っているのであれば、現在無職であってもキャッシング機能を使ってお金を借りることもできます。

 

ただし、キャッシング枠でお金を借りると、金利手数料が発生してしまいます。

 

また、キャッシング枠で借りた金額は、ショッピング枠の利用限度額に含まれますので、借りた金額分ショッピング枠の利用限度額が減ってしまうことも知っておきましょう。

 

絶対にNG!闇金や個人間融資掲示板で借りではダメ!

無職の人が、急にお金が必要になった時、つい手を出してしまいがちなのが、闇金です。

 

正規の金融機関からお金を借りられないからといって「闇金」を利用するのは絶対にNGですよ!

 

闇金は、「審査なしで融資可能」、「無職・ブラックでも借入可能」など・・・甘い誘い文句で融資をして、のちに法外な金利を請求してきます。

 

そして、返済が滞ると、いやがらせのような取り立てをしてきます。

 

【闇金の取り立て例】

  • 深夜・早朝などに催促の電話がかかってくる
  • 近隣の住民に借金していることをリークする
  • 自宅に押しかけてくる
  • 自宅に大量の張り紙をする
  • 家族や親せきに取り立てをする

 

このような、取り立ては貸金業法で厳しく禁止されているため、正規の金融機関で行われることはありませんが、

 

法外な運用をしている闇金業者では、容赦なく上記のような取り立てが行われていますし、

 

時には暴力事件にまで発展するケースもあります。

 

闇金の取り立てから逃れるのは容易ではなく、専門の弁護士などに依頼する必要がありますが、これもまた莫大な費用が掛かりますから、

 

どんなに緊急でお金が必要な場合でも、闇金業者には関わりたくないものです。

 

また、インターネットを通じて個人からお金を借りられる「個人間融資掲示板」を利用しようとする人も少なくないのではないでしょうか。

 

個人間融資掲示板は、貸主の承諾さえ得られれば、審査なしにお金を借りられるため、一見便利そうに見えますが、貸主の中には違法な闇金業者や詐欺業者が多く、被害者や金銭トラブルも非常に多いサイトです。

 

【個人間融資掲示板の被害例】

  • 法外な手数料をだまし取られる
  • 個人情報をリークされる
  • わいせつ目的で融資をする
  • 闇金による押し貸し

 

個人間融資掲示板の利用者からは、このような被害報告が後を絶ちません。

 

中には善意でお金を貸してくれる人もいるのかもしれませんが、違法な闇金業者との見分けがつきにくいので利用しないにこしたことはありませんね。

 

「お金を借りる」以外の対処法は?

「お金を借りる」という以外にも、すぐにお金を調達する方法はあります。

 

ここからは、

 

無職の人が、お金を借りることなくすぐに現金を調達する方法について解説していきます。

 

【関連記事:今すぐお金が必要|借りる以外の現金調達法まとめ

 

不要なものを売る

あなたが、今持っている不用品を売却することで、すぐにお金を調達することができます。

 

不用品を売る方法としては、フリマアプリやインターネットのネットの買取サービスなど・・・いろいろありますが、

 

とりわけ、「今すぐお金が必要」ということであれば、店舗型の買取屋やリサイクルショップを利用するのがよいでしょう。

 

例えば、使わなくなって物置の中に眠っているものが、意外と高価な価格で取引されていたりもします。

 

リサイクルショップで高く売れるものを、いかにリストアップしましたので参考にしてみてくださいね。

 

【リサイクルショップで高く売れるもの】

  • ブランド品
  • 貴金属類
  • 古銭
  • ゴルフ用品
  • ベビーカー
  • 釣り具
  • 楽器類
  • 高級時計
  • スマホ
  • ゲームソフト・本体

 

ポイントを現金化する

コンビニ、ガソリンスタンド、ファミレスなど・・・誰しもポイントカードは持っていますよね。

 

普段使っているポイントカードなどは、知らず知らずのうちにポイントがたまっているもの。

 

あなたの持っているポイントカード現金化すれば、ちょっとしたお金ですが足しになるかもしれません。

 

「ポイントを現金に変換することなんて可能なの?」

 

と思うかもしれませんが、ものによっては可能です。

 

例えば、ファミリーマートやガストなどでポイントがたまる「Tポイント」であれば、1000ポイント以上貯めるとジャパンネット銀行の口座へ振り込むことができます。

 

因みに、交換レートは100ポイントにつき85円です。

 

Tポイントは、yahoo!IDと紐づけすることで、yahooのサービスを利用してポイントを貯めることも可能です。

 

すでに、Tポイントが1000ポイント以上たまっていて、ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、今すぐにでも現金化可能ですよ!

 

他にも、現金化可能なものとして「dポイント」や「楽天スーパーポイント」などがありますが、これらは直接現金にはできません。

 

現金化の方法として、ポイントを使って一度Amazonギフト券やJCBギフト券を購入し、金券ショップで売却することで現金に変換します。

 

日払いのバイトで稼ぐ

日払いのバイトであれば、その日のうちに現金を調達することも可能です。

 

昔は、日払いのバイトというと力仕事が多かったのですが、最近では接客やイベントスタッフなど多岐にわたっていて、ご自身に合った仕事を気軽に選べるようになっています。

 

更に、インターネットの普及により「バイトマッチングサイト」を利用して、その日のうちに単発の仕事を探すことができるようになりました。

 

特に、試験監視員や送迎ドライバーなどは、比較的高収入なものが多く狙い目です。

 

ただし、「今すぐお金が必要」という状況であれば、単発のバイトのなかでも「即日支給」の物を選ぶ必要がありますね。

 

そこで、おすすめなのが・・・

 

即日支給のアルバイト募集を数多く取り扱っているバイトマッチングサービス「プチジョブ」です。

 

プチジョブなら、全国どこにいても、リアルタイムで即日支給のアルバイトがすぐに見つかります。

 

しかも、1日2時間からOKの仕事もあるので、本当に気軽に仕事を探すことができます。

 

仮に、仕事が見つからないにしても無料登録だけでもしておくと非常に便利ですよ!

 

画像

 

【関連記事:今すぐ10万稼ぐ方法まとめ|緊急でお金が必要な人必見です!

 

クレジットカードの現金化はNG

街中で、「クレジットカードの現金化」という広告を見かけることがあります。

 

無職でお金を借りる当てがないとなると、この「クレジットカードの現金化」でなんとか現金を調達しようと考える人も少なくないようです。

 

しかし、クレジットカードの現金化は非常にリスクが高く、法的にもグレーゾーンな部分が多いため、当サイトではおすすめしておりません。

 

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードには、お買い物に利用するショッピング枠と、現金を借りることのできるキャッシング枠があります。

 

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を現金に変換する手法です。

 

具体的な方法は、クレジットカード現金化を生業とする業者から商品を購入し、その商品を同じ業者に売却する(買取式)か、購入特典としてキャッシュバックしてもらう(キャッシュバック方式)ことで現金もらいます。

 

クレジットカード現金化を生業とする業者は、販売した商品よりも安い価格で買い取るか、キャッシュバックするため、その差額が業者の利益となります。

 

この方法は、無職であってもクレジットカードさえ持っていれば、審査を受けることなく現金を調達することができますが、あらゆる面でハイリスクです。

 

規約違反と法的リスク

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を、現金化目的で使用することは、規約違反であり、これが判明した場合はクレジットカード自体が使用できなくなる可能性があります。

 

また、クレジットカードの現金化は、現在明確な法律違反とはなっていないのが現状ですが、場合によっては詐欺罪横領罪に問われる可能性も否定できません。

 

詐欺被害のリスク

クレジットカードの現金化を生業とする「買取屋」には、悪質な業者が多く、個人情報を盗まれ闇金業者にリークされたり、購入した商品を買い取ってもらえなかったりと、さまざまな詐欺被害が報告されています。

 

 

このように、クレジットカードの現金化は、手軽に現金を調達できる反面、非常に危ない橋を渡ることになります。

 

無職であっても、すぐにお金を調達する方法は沢山ありますので、是非とも当サイトを通じて安全な方法を探してみましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

それでは、ここまでの記事の内容をまとめてみましょう。

 

【ここまでのまとめ】

無職の人はカードローン審査に通らないため、カードローンで金を借りることはできません。

 

無職の人がお金を借りる方法として、

 

  • 質屋でお金を借りる
  • 親や友人からお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う

 

などがあります。

 

たとえ無職であっても、リスクの高い闇金や個人間融資掲示板でお金を借りるのは絶対にやめましょうね。

 

また、「お金を借りる」以外の対処法としては、

 

  • 不要なものを売る
  • ポイントを現金化する
  • 日払いのバイトで稼ぐ

 

などの方法があります。

 

クレジットカードの現金化は、手軽に現金を調達できますが、あらゆる面でハイリスクなので当サイトではおすすめしません。