カードローン返済方法

画像

「カードローンの返済方法がわからない!」

 

 

カードローンを利用するときは「お金がすぐ必要」という緊急事態の時がほとんど・・・。

 

そして、

 

緊急でお金を借りるときは、なかなか返済のことまで頭がまわらないものです。

 

お金を借りたはいいものの、後から返済について不安を抱える人は少なくありません。

 

 

この記事では、カードローンの具体的な返済方法について解説していきます。

 

  • 利息を減らして返済の負担を楽にする方法
  • 絶対に避けたい延滞を防ぐ方法

 

など、賢く返済するためのコツも分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

カードローンの返済方法と手順

カードローンは、借入金額に応じて月々支払うべき最低金額が決められており、その金額さえ返済していれば上乗せして返済することも可能です。

 

カードローンの返済は分割払いが基本ですが、可能であれば一括で返済しても問題ありませんよ!

 

具体的な返済方法としては、以下の4つがあります。

 

  • ATM振込
  • インターネットでの返済
  • 口座き落とし
  • 銀行振込

 

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、ご自身のライフスタイルに合った方法を選ぶのがよいでしょう。

 

では、具体的に解説していきますね。

 

ATM振込

ATM振込は、カードローンでもっとも多く利用されている返済方法です。

 

カードローン会社の専用ATM、もしくは提携してるコンビニATMから返済が可能!

 

プロミスやアイフルなどの大手の消費者金融カードローンでは、多くのコンビニATMと提携しているため、

 

早朝や深夜であっても返済できるのが大きなメリットです。

 

ATMでの返済なら、返済の記録が通帳に残ることがないので、身内に借金がバレたくない人にもおすすめの方法です。

 

ただし、

 

ATM振込は自主的に返済する方法なので、支払いを忘れて返済期日を過ぎてしまうと「延滞」となり、ペナルティーが課せられるリスクもあるので注意が必要ですよ!

 

インターネットでの返済

インターネットでの返済は、ネットバンキングから返済する方法です。

 

24時間365日対応していて、自宅のPCや専用のアプリからいつでも返済可能!

 

このようにメリットが多いため、利用者も増えている返済方法です。

 

ただし、ジャパンネット銀行などのネットバンキングの口座を持っていないと利用できませんよ。

 

口座き落とし

口座き落としは、あなたの登録した口座から引き落とす方式の返済方法です。

 

口座に残高がある限り、決まった日に自動的に引き落とされるため、返済忘れによる延滞のリスクは少ないですね。

 

また、他の返済方法と違い、毎月返済の手続きをしなくてもよいので、手間がかからないというメリットもあります。

 

ただし、

 

口座き落としですと、返済の記録が通帳に残ってしまうので、家族に借金がバレたくない人にはおすすめできません。

 

銀行振込

銀行から直接振り込む形で返済することも可能です。

 

ただ、銀行振り込みは振込手数料を取られる上に、口座引き落とし同様、通帳に記録が残ってしまうので、あまりおすすめの方法ではありません。

 

銀行振込は、返済したいタイミングで近くにATMがない場合に利用してもいいかもしれませんね。

 

返済の負担を楽にする方法

ここからは返済総額を少しでも減らして、返済の負担を減らすための方法をご紹介していきます。

 

返済の方法やタイミングによって、利息や返済額に大きな差がでます。

 

賢く返済するためにここからの内容をしっかり理解しておきましょう!

 

手数料に注意する

ATM振込で返済する場合、気を付けたいのが振込手数料です。

 

カードローン会社によもりますが、コンビニATMでの返済は振込手数料がかかる場合があります。

 

プロミスやアイフルなどの自社ATMがあるカードローン会社であれば、ATM振込であっても無料で返済できるところが多いですよ!

 

コンビニATM振込でかかる手数料は100円〜200円程度ですが、毎月返済のたびに手数料を取られていると大きな損失になります。

 

返済の負担を減らそうと思うと、まずは、こういった小さな損失を抑えることが大切です。

 

こまめに随時返済をする

返済総額を減らすためには、あなたが借りた金額にかかる利息を減らすことを第一に考えましょう。

 

カードローンは、借入残高に応じて、毎月支払わなければいけない金額(最低返済金額)が設定されます。

 

このように、毎月決められた期日に返済を行うことを「約定返済」といいます。

 

これに対して、いつでも好きな時に追加で返済することを「随時返済」といいます。

 

カードローンでは、この随時返済が可能。

 

つまり、余裕がある時に追加で返済することができるわけです。

 

カードローンの金利は日割り計算ですので、1日でも早く返した方が支払う利息を少なく抑えられます

 

金利・利息の計算についてはカードローン|利息の計算と返済額を減らす3つの方法で、詳しく解説していますので、こちらを参考にしてみてください!

 

追加で返済する場合は、カードローン会社への連絡は不要な場合が多く、いつでも返済可能です。

 

なので、仕事帰りなどの空いた時間にATMから気軽に随時返済ができます。

 

  • ボーナスが入った
  • 今月は出費が少なかった
  • 思わぬ臨時収入が入った

 

などの理由で、返済の余裕ができたら、こまめに随時返済をしていきましょう。

 

 

ただし、随時返済は、あくまで無理のない程度の金額にとどめておきましょう!随時返済で生活費が苦しくなり、借金してしまっては本末転倒です。


 

30日間無利息サービスを利用する

カードローンによっては「30日間無利息サービス」を設けているところがあります。

 

「30日間無利息サービス」は、初回契約に限ったサービスですが、30日間の無利息期間は、借りたお金に対して金利がつきません。

 

無利息期間中に完済してしまえば金利0%!

 

つまり、利息を一切支払わずに元金(あなたが借りた金額)だけ返済すればよいということになります。

 

まさに、究極の低金利ローンといえるでしょう。

 

もし、あなたが初回契約でお金を借りることができるなら「30日間無利息サービス」のあるカードローンを選ばないと損ですね。

 

「30日間無利息サービス」は、カードローン会社によって、無利息期間の適用日と適用条件が違うので予めチェックしておきましょう!

 

30日間無利息サービスのあるカードローン一覧

 

カードローン 無利息期間 適用条件

プロミス

初回借入の翌日から30日間

初回契約
メールアドレスの登録
Web明細利用の登録

アイフル

契約日の翌日から30日間 初回契約

アコム

契約日の翌日から30日間

初回契約
返済日を「35日ごと」に設定

レイクALSA(30日間)

契約日の翌日から30日間 初回契約

 

 

30日の無利息期間が終了した場合、その翌日から借入残高に対して金利が発生します。

 

つまり、

 

無利息期間のうちにできるだけ返済して借入残高を減らすことで、その分の利息を減らすことができ、返済の負担を減らすことができます。

 

延滞・払い忘れを防ぐ方法

画像

返済において、最も心配なのが「延滞」してしまうことです。

 

カードローンでは、予め返済期日を設定しておき、毎月分割で決められた金額を返済していきます。

 

この返済期日を過ぎても、最低返済金額が振り込まれていないと「延滞」ということになり、ペナルティーを課せられることになります。

 

延滞するとどうなる?

延滞によるペナルティーの内容は、カードローン会社によって違いますが、多くの場合、遅れた日数分に通常よりも高い金利がつくことが殆ど。

 

これを、「遅延損害金」といいます。

 

遅延損害金一覧
カードローン 損害遅延金の金利
プロミス 20.0%
SMBCモビット 20.0%
アイフル 20.0%
アコム 20.0%

 

主要な大手の消費者金融カードローンでは、遅延損害金は20%のようですね。

 

つまり、以下のような計算になります。

 

遅延損害金=借入残高×遅延損害金の年利(20%)÷遅延日数/365日

 

ちなみに20%という数字は、「出資法」という法律上消費者金融カードローンが設定できる上限の金利になります。

 

信用情報にも傷がつく

延滞すると、信用情報にも「金融事故」としての情報が登録されてしまいます。

 

つまり、「ブラック」になってしまうので、今後新たな借り入れやしにくくなりますし、クレジットカードが新たに造れなくなる可能性も高いです。

 

延滞が長引くとどうなる?

消費者金融カードローンは、「闇金」ではないので、深夜に家に押しかけたり、家族に借金の肩代わりをさせるような違法な手段はとりません。

 

しかし、延滞が長引くと、給料が差し押さえられて借金が差し押さえられ、借金していることが勤務先にバレてしまうリスクは高いです。

 

延滞を避けるコツ

たとえ、うっかりミスの払い忘れであっても、延滞してしまうと返済がますます苦しくなるので、全体に避けたいですよね。

 

ここからは、延滞を避けるための2つのコツをご紹介していきます。

 

返済期日の設定

多くの大手カードローンでは、返済期日を設定できるようになっています。

 

例えば、プロミスの場5日、15日、25日、末日の中からお客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。

 

さて、この返済期日ですが、給料日からなるべく近い日に設定するのがおすすめです。

 

なぜかというと、返済期日までにうっかりお金を使い込んでしまうリスクが少ないからです。

 

例えば、給料日の翌日に返済期日を設定すれば、給料日当日にお金を使ってしまわない限り延滞の心配はありません。

 

延滞を防ぐためになるべく早いタイミングでノルマを達成することが重要ですね。

 

お知らせメール機能を使う

お金を使い込んでしまわなくても、うっかりミスで払い忘れてしまうことも心配ですよね。

 

特に、ATM振込やインターネットでの返済は、払い忘れによる延滞が往々にして起こりやすいようです。

 

そんな払い忘れを防ぐ手段として便利なのが「お知らせメール機能」です。

 

お知らせメール機能とは、返済期日が近づくと、メールでお知らせしてくれる機能のこと。

 

このようなメールサービスを実施しているカードローン会社は多いので、積極的に利用して払い忘れによる延滞を防ぎましょう。

 

それでも、うっかり忘れてしまうのが心配なら返済方法を、自動で引き落としてくれる「口座引き落とし」にするのも一つの手ですよ。

 

毎月の返済金額が知りたい!

カードローンは、借入金額に応じて毎月の最低返済額が決まります。

 

最低返済額の設定はカードローン会社によって違うので、返済のことまで考えて借り入れをするなら、各社の返済額を比較しておくとよいでしょう。

 

例えば、借入金額が10万円の時の毎月の最低返済額を比較してみましょう。

 

最低返済額表【借入金額10万円の場合】

 

カードローン 最小返済額 金利 元金
プロミス 4,000円 年17.80% 2,537円
SMBCモビット 8,000円 年18.00% 6,521円
アイフル 5,000円 年18.00% 3,521円
アコム 5,000円 年18.00% 3,521円

 

 

プロミスとSMBCモビットと最小返済額を比べると、なんと!2倍も違うんですね。

 

上の表ですと、月々の返済に関して最もハードルが低いのはプロミスということになります。

 

ただし、

 

最低返済額が低いということは、それだけ返済期間が長引くということになります。

 

同じ借入金額・同じ金利だった場合、毎月支払う利息も同じ金額になります。

 

つまり、最低返済額が低いほど利息を多く支払わなければいけないということ!

 

ですので、毎月の返済が厳しい分SMBCモビットは、利息が少なくて済むということになりますね。

 

プロミスを選んだ場合は、、積極的に「随時返済(追加返済)」することで返済総額を減らすことができるので、自由度が高い返済プランとも言えます。

 

考え方次第ですが、あなたの返済能力に合ったカードローンを選ぶのがベストです!

 

まずは、返済シミュレーション

もっと具体的に、毎月の返済額が知りたい場合は、「返済シミュレーション」がおすすめです。

 

カードローンの公式サイトでは、あなたの借入金額に応じた返済シミュレーションができるページがあります。

 

  • 返済期間
  • ご返済金額
  • お借入希望額

 

を入力すると、

 

「毎月のご返済金額」と「返済期間(月数)」を算出することができる便利な機能です。

 

返済が不安な場合は、まず返済シミュレーションで、具体的な返済プランを明確にしておくと安心してお金を借りることができますよ!

 

プロミス SMBCモビット

https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000057805/6304/2884/

ご返済シミュレーション>>

https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000077717/6304/3151/

ご返済シミュレーション>>