カードローン 審査 通らない 理由

カードローン審査に通らない人ってどんな人?

画像

カードローンでお金を借りるために、絶対避けて通れないのが借入審査です。

 

審査に通らない人ってどんな人でしょう?

 

パッと思い浮かぶのが、自己破産した人や、過去に債務整理をした経験がある人など・・・

 

いわゆるブラックリストに載ってしまった人ではないでしょうか。

 

 

しかし、「自分はブラックじゃないから大丈夫♪」

 

と安心していると意外な理由から審査を通過できないケースがあるんです。

 

この記事では、

 

安定した収入があり、ブラックではないのにカードローン審査に落ちてしまう具体的なケースをご紹介していきます。

 

さらに、

 

審査に通過するためのワンポイントアドバイスもありますので、これからカードローンでお金を借りる方必見です!

 

 

 

 

信用情報で審査に通らないケース

信用情報は、カードローン審査において最低限クリアしなければいけないポイントです。

 

【信用情報とは・・・】

クレジットカードやカードローンの申し込みや支払いなど、現金を使わない金銭のやり取りを信用取引と言います。

 

信用情報とは、信用情報機関に登録されている信用取引の情報のことです。

 

例えば過去に、借金が返済できずに自己破産や債務整理した場合、この情報が信用情報機関に「事故情報」として登録されます。

 

一般的に言われている「ブラックリスト」は、この事故情報のことを指します。

 

 

あなたが、カーローンの審査申し込みをしたとしましょう。

 

銀行であっても消費者金融であっても、審査の申し込みを受ると、まずはあなたの信用情報を参照して、その情報をもとに審査進めていきます。

 

この時に、自己破産などの事故情報がでてくると即アウト、審査は通過できません。

 

「でも自分は、そんな経験ないから大丈夫!」と思っているなら、そこが信用情報の落とし穴です。

 

信用情報機関には、あなたのあらゆる信用情報のデータがありますので、カードローン会社は事故情報以外の様々な部分もチェックします。

 

そこで、意外な理由から審査に落ちるケースがあるんです。

 

具体的な事例をご紹介していきましょう。

 

スマホ代金の払い忘れ

実は、スマホ代金の支払い状況なども信用情報に登録されています。

 

そこで、多いのが、利用料金ではなくスマホ本体代金の支払いが遅れてしまうケース。

 

スマホ本体を分割払いで購入している方も多いのですよね。

 

実際には、スマホ利用代金と一緒に払っているので、あまり意識することはありませんが、実は本体代金を本体代金をローンを組んで支払っていることになります。

 

ここで、一度でも支払いが遅れると、「ローンの延滞」=「事故情報」として信用情報に登録されてしまいます。

 

このように、知らないうちに事故情報が登録され、審査に通過できないケースも少なくないのです。

 

他社からの借り入れ

金融会社は信用情報を参照すれば、他社との契約状況を確認することもできます。

 

つまり、あなたが現在どの金融会社からおいくらお金を借りて、いくら返済しているのかもすべて筒抜けということです。

 

特に、消費者金融においては借入限度額が「その人の年収の3分の1」と決められています。

 

他社からの借金も合わせた借入総額が、あなたの年収の3分の1を上まわっていると、絶対に審査には通りません。

 

どうでないにしても、借入先が複数であればあるほど審査には不利!

 

4社以上同時に借り入れをしていると、まず審査には通らないと考えてよいでしょう。

 

複数申し込みもダメ

借り入れ状況だけでなく、審査申し込みをしたことも信用情報に登録されてしまいます。

 

ですので、

 

「審査が通るかどうかわからないから同時に複数申し込もう」

 

というのは、むしろ逆効果で、審査に通りにくくなってしまうので、欲張らずに1社に絞って申し込みすることをおすすめします。

 

奨学金の返済延滞

奨学金の返済延滞も信用情報に登録されています。

 

ですので、学生の頃に奨学金を借りていた方は、返済履歴を確認しておいた方がよいでしょう。

 

因みに、日本学生支援機構が信用情報機関に延滞を報告する基準は、「返済開始後6ヶ月目以降で、3ヶ月以上延滞した場合」です。

 

身に覚えはありませんか?

 

現在進行形で奨学金の返済をしている方も、延滞しないように注意しましょう。

 

自分の信用情報を確認できる

ご自身の信用情報に事故情報が載っていないかどうか不安な場合は、ご自身の信用情報を確認してみましょう。

 

信用上納の確認は、信用情報機関に情報開示請求をすれば自分の信用情報を取り寄せることができます。

 

現在日本には3つの信用情報機関がありますので以下のいずれかの機関か情報開示請求が可能です。

 

情報開示請求は、各信用情報機関の公式サイトから情報開示請求ができます。

 

【CIC】公式サイト
https://www.cic.co.jp/

 

【JICC】公式サイト
https://www.jicc.co.jp/

 

【JBA】公式サイト
https://www.zenginkyo.or.jp/

 

手数料が1000円(窓口なら500円)かかりますが、【CIC】【JICC】は、スマホやPCからでも閲覧可能。

 

【JBA】の場合は、資料を郵送してもらう形になります。

 

その他の理由で審査に通らないケース

画像

信用情報以外にも、審査に不利になってしまうケースはあります。

 

お金を貸すカードローン会社にとって、最も重要視することは「貸したお金が(利息を含めて)帰ってくるかどうか」。

 

つまり、審査においては、あなたに返済能力があるかどうかが最大のポイントとなります。

 

信用情報に傷がなくても、あなたの返済能力が疑わしければ審査に通らないケースは往々にしてあります。

 

ここからは、審査に不利になってしまう具体的な事例をご紹介していきましょう。

 

転職を繰り返している

カーローン審査では、あなたの職種や年収はもちろんのこと、勤務年数もチェックされています。

 

基本的には、同じ勤務先での勤務年数が長ければ長いほど審査には有利!

 

なぜなら、同じ職場での勤務年数が長いほど「今後も安定した収入がある」と判断するからですね。

 

これは、アルバイトや派遣社員であっても同じです。

 

つまり、短期間で転職を繰り返している人は、仮に年収が高くても「収入が安定していない」と判断され、審査が厳しくなってしまうことがあります。

 

 

勤務先との連絡が取れない

審査も終盤に差し掛かると、カードローン会社は、あなたの勤務先に電話をかけて在籍確認をします。

 

(※在籍確認の電話は、担当者の個人名でかけられますので、あなたの借金が勤務先にバレることはありません。詳しく知りたい場合は、「カードローン|在籍確認の電話で職場にばれる事ってある!?」の記事を参考にしてください。)

 

この時に、あなたの勤務先に連絡が取れない、もしくは、勤務先が電話対応に応じてくれない場合は審査が滞ってしまうことがあります。

 

どうしても連絡が取れない場合は、あなたの勤務先情報が不明確という判断で審査に通らないケースもあります。

 

ですので、勤務先にはあらかじめ「クレジットカードを作ったので電話がくるかもしれません」と言っておいて根回しをしておくと、より確実です。

 

引っ越しを繰り返している

持ち家がなく、賃貸のアパートで短期間に何度も引っ越しをしている場合も、審査で不利になってしまうことがあります。

 

カーローン会社にとって絶対に避けたいのが、貸したお金が返ってこないことです。

 

短期間に引っ越しを繰り返している人は、いざ返済できなくなったときに逃げて連絡が取れなくなってしまうリスクがあると判断されてしまうわけですね。

 

逆に、単身赴任で引っ越しが多い人でも持ち家がある場合は有利です。

 

家を買えるだけの経済力と、資産があると判断されるからですね。

 

 

希望額が高すぎる

同じカードローン会社でも、借入希望額が高いほど審査に通りにくくなります。

 

お金を貸す側にとって、金額が大きくなればなるほどリスクが高まります。

 

なにより、いきなり大金を借りようとしてくる人って怪しいですよね。

 

消費者金融での借入限度額は「(他社からの借り入れも合わせて)年収の3分の1までしか貸せない」という決まりがありますので、

 

希望額をそれ以下に抑えるのはもちろんのこと、必要最低限の金額に抑えるのが審査を通過するポイントです。

 

審査に通過するためのワンポイントアドバイス

画像

結論から申し上げますと、審査に通過するためのポイントは、借り入れシュミレーションをすることです。

 

消費者金融カードローンでは、どの会社も明確な審査基準は公表していません。

 

カードローン会社によって審査で重視するポイントは違いますし、同じカードローン会社でも時期によっても評価基準が変動することもあります。

 

ですので、100%審査に通過する保証は誰にもないんですね。

 

しかし、だからと言って闇雲に申し込みをすると、信用情報に登録されてしまうのでリスクが高いですよね。

 

【関連記事:カードローン|審査内容と審査に落ちないためのコツとは

 

そこで、便利なのが借り入れシュミレーション!

 

プロミスやSMBCモビットなど、大手の消費者カードローンでは、公式サイトから簡単な情報を入力して、審査が通る見込みがあるかどうかを診断してくれる借り入れシュミレーションができます。

 

数秒で診断が終わり、借り入れ可能という診断がでれば、審査に通る可能性がとても高いということになります。

 

これなら、信用情報に登録されないまま、ご自身が審査に通過するかどうかを見極めることができますよね!

 

ですので、まずは大手の消費者金融カードローンの公式サイトから借り入れシュミレーションをやってみることをおすすめします。

 

プロミス SMBCモビット

https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000057805/6304/2884/

お借入シミュレーション>>

https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000077717/6304/3151/

お借入シミュレーション>>