カードローン 審査 内容

カードローン審査に落ちないために

画像

カードローンを利用する際に、どうしても不安なのが「審査に通るか」という点ですよね。

 

プロミスやSMBCモビットなどの、大手消費者金融では、それぞれに審査基準が設けられているようですが、審査基準を公表されていません。

 

ですので、審査に通るかどうかを100%予測来るのは難しいのが現実です。

 

ただし、

 

どのカードローンサービスにおいても、共通した審査の条件があり、その条件さえクリアしていれば、審査に落ちることはまずありません。

 

ここでは、あなたがカードローン審査に落ちないためのちょっとしたコツと、審査の内容についてわかりやすく解説していきます。

 

これからカードローンを利用しようと思っているなら、審査申し込みの前に、下記記事を読んでおくと安心できますよ。

 

 

カードローン審査の内容

カードローンにおける借入審査とは、一言でいうとあなたに「返済能力」があるのかどうかを判断するための審査です。

 

理由はともあれ、現在お金が足りていない個人に融資するわけですから、審査をする上で、あなたの返済能力は最も重要なポイントです。

 

カーローンをはじめとする金融機関は、次のような流れで審査を進め、あなたの返済能力を推し量っています。

 

コンピューターによる仮審査

 

  • 信用情報の確認
  • 必要書類の確認
  • 勤務状況の確認
  •  

    それぞれが非常に重要なポイントなので、一つ一つ詳しく解説していきましょう!

     

    カードローン仮審査の内容

    カードローンの審査は、まず最初に借り審査から入ります。

     

    仮審査では、あなたが申し込みの際に入力した申し込みの内容をもとに、コンピューターがあなたの個人情報を機械的にチェックしていきます。

     

    申し込み条件を満たしているか

    仮審査で、まず最初に「申し込み条件を満たしているか」をチェックします。

     

    条件に合わない場合は、その時点で審査落ちということになります。

     

    各カードローン会社の申し込み条件は以下の通りです。

     

    プロミス

    20歳以上69歳以下
    安定した収入がある人

    SMBCモビット

    満20歳以上69歳以下
    安定した定期収入がある人

    アイフル

    満20歳以上69歳以下
    安定した収入がある人

    アコム

    20歳以上69歳以下
    安定した収入がある人

     

     

    WEBで審査申し込みをする際に、あなたが入力する項目をまとめてみました。

     

    各カードローン会社で、入力項目の内容に多少違いはありますが、基本的に大差はありません。

     

    あなたの個人情報

    氏名
    性別
    生年月日
    電話番号
    メールアドレス
    電話番号(携帯・PHS)
    自宅電話の有無
    運転免許証交付の有無

    家族構成

    既婚者or独身
    子供の有無

    自宅情報

    郵便番号
    住所
    お住いの種類(持ち家・賃貸住宅・社宅・寮・公営住宅など・・・)

    勤務先情

    報雇用形態(正社員・アルバイト・契約社員・公務員・派遣社員・個人事業主など・・・)
    勤務先名
    勤務先の郵便番号
    勤務先の住所
    勤務先の電話番号
    勤務先の大まかな社員数
    最終学歴
    入社年月
    年収
    健康保険証の種類
    業種(土木建築・医療機関・出版・飲食・小売・風俗・運送など・・・)
    職種(プログラマー・運転手・管理人・看護師・作業員など・・・)

     

     

    収入がなくても仮審査に通過するケース

    本人に安定した収入がない場合は、基本的に仮審査を通過することはできません。

     

    しかし、

     

    例外として本人に収入がない場合でも、配偶者に安定した収入がある場合に限って利用できるカードローンもあります。

     

    ですので、パートをしていない専業主婦であっても、旦那さんが働いていればカードローンを利用できる場合があります。

     

     

    信用情報の確認

    仮審査に通過すると、本審査に移ります。

     

    どのカードローン会社でも、本審査でチェックされる項目の一つが信用情報です。

     

    信用情報とは、各金融機関が信用取引を行う際に参照する情報のことです。

     

    この、信用取引というのは、現金を使わずに金銭のやり取りをすること。

     

    例えば、クレジットカードで買い物をしたり、カードローンでお金を借りたりする行為が信用取引にあたります。

     

    カードローン会社は、この信用情報を参照することで、あなたの

     

    • クレジットカードの利用状況
    • 他社からの借り入れ情報や返済情報
    • 携帯電話料金の契約、支払い状況
    • 自己破産などの債務整理の経験
    • 奨学金の返済情報

     

    といった、様々な情報を得ることができます。

     

    事故情報で審査が不利になる

    過去に、クレジットカード返済に間に合わず、延滞してしまった経験がある場合、事故情報として信用情報に記録されます。

     

    これは、俗に言う「ブラックリストに載った状態」ですが、こうなると審査通過は厳しい状況になります。

     

    また、

     

    過去に携帯電話の支払いを延滞したり、奨学金の返済が遅れたりした経験がある方も、信用情報に記録されていますので、

     

    審査には不利な状況になってしまいます。

     

    【まめ知識】


    信用情報は、それぞれの会社に保管されているわけではなく、都道府県や国などの公的機関に保管されているわけでもありません。

     

    実は、信用情報機関という株式会社に保管されているんです。

     

    民間の企業で管理され、私たちが意図的に変更できないようになっているわけですね。

     

    現在、全国には

     

     

     

    必要書類の確認

    カードローン審査申し込みの際に、必要書類を提示(もしくは郵送)する必要があります。

     

    必要書類というのは、基本的には運転免許証などの本人確認書類のみですが、50万円以上の借り入れになると、

     

    源泉徴収票などの収入証明書が必要になってくるケースがあります。

     

    本人確認書類

    運転免許証
    パスポート
    健康保険証
    特別永住者証明書
    外国人登録証明書
    在留カード

    収入証明書

    源泉徴収票
    確定申告書
    給与明細書
    所得証明書
    税額通知書

     

    この、いずれかのデータを提示すれば、本審査には問題ありません。

     

    WEBでの申し込みの場合は、スマホで撮影した画像を専用のアプリからアップロードする形で提示することができますので、

     

    書類のコピーをとったり、郵送したりする手間がありません。

     

    勤務状況の確認

    仮審査が通り、本審査の書類や信用情報にも不備がなければ、とうとう最終段階!

     

    勤務状況の確認が行われます。

     

    具体的にはカードローン会社があなたの勤務先に電話をかけて在籍確認を行います。

     

    申し込み時に入力した勤務先で、あなたが本当に働いているのかを確認する目的です。

     

    在籍確認の電話は、担当者個人名で勤務先に電話をかけるので、あなたが借金することが勤務先にバレることはありません。

     

     

    【関連記事:カードローン|在籍確認の電話で職場にばれる事ってある!?

     

     

    審査で有利になる3つのポイント

    カードローン会社は、あなたの個人情報や勤務先の情報から何をチェックしているのでしょうか?

     

    ここでは、カードローン審査において、知っておくと特に有利になる3つのポイントについて解説していきましょう。

     

    安定収入

    返済能力があるかどうかを判断する上で最も重要なのが、あなたに安定した収入があるかどうかです。

     

    これは、同時にカードローン審査の申し込みの絶対条件でもありますよね。

     

    当然のことながら、

     

    アルバイトや派遣社員よりも、給料の高い企業の正社員や、安定したイメージがある公務員は有利です。

     

    給料の高さはもとより、同じ職場で長く働いていると有利になる傾向があります。

     

    【安定収入の面で有利になるポイント】

    • 正社員
    • 公務員
    • 収入が高い
    • 勤務年数が長い

     

    家族構成

    審査も申し込みでは「配偶者」「子どもの有無」など、あなたの家族構成に関して入力する場所があります。

     

    これは、あなたの可処分所得を判断する上で重要なんです。

     

    可処分所得とは、実収入から非消費支出(支払い義務のある税金や社会保険料など・・)を差し引いた収入のこと。

     

    簡単に言えば、あなたが自由に使えるお金ということですね。

     

    この、可処分所得が高い家族構成が有利だということになります。

     

    【有利になる家族構成】

    • 独身である
    • 共働きの夫婦
    • 親と同居している(実家)
    • 子供が社会的に独立している

     

     

    住居形態

    あなたの住居形態も審査に影響してきます。

     

    カードローン会社にとって最も避けたいことは、貸したお金が返ってこないことですよね。

     

    例えば、短いスパンで引っ越しを繰り替えしている人は、連絡が取れなくなってしまう可能性があるので不利です。

     

    借りる側が持ち家ですと、そのようなリスクが低いですし、家を変えるだけの収入があるという意味でも有利になります。

     

    【有利になる住居形態】

    • 持ち家に住んでいる
    • 住居年数が長い

     

     

    審査に落ちないための2つのコツ

    画像

    ここまで、審査の流れとそれぞれの内容について解説してきました。

     

    でも、大切なのは「審査に落ちないためになにをするか」ですよね。

     

    ここからは、審査に落ちないための2つのコツについて解説していきますので、これからカードローンを利用する方はぜひ参考にしてくださいね!

     

    【関連記事:カードローン審査に通らない意外な理由(※必ず確認しておこう!)

     

    借入金額は最小限に抑えるのがコツ!

    実は、カードローンの審査は「借入希望額」も影響しています。

     

    あまりに、高額な借入金額を希望すると、カードローン会社から警戒されて審査に通りにくくなってしまいます。

     

    これは、個人的なお金の貸し借りに置き換えて考えるとわかりやすいですね。

     

    例えば、あなたが友人から

     

    「ごめん!3000円貸して。明日返すから!」

     

    と言われるのと、

     

    「ごめん!150万円貸して。半年後返すから!」

     

    と言われるのでは、あなたの友人に対する審査も変わってきますよね。

     

    ですので、

     

    借入金額はなるべく少なく、必要最小限の金額にとどめておくのがコツです。

     

     

    まずは借り入れシュミレーションをするのがコツ!

    緊急でお金が必要な時は、審査が通るかどうか迷っている時間ももったいないですよね。

     

    まずは、あなたが審査に通るかどうか、シュミレーションしてみるのが手っ取り早く効率的です。

     

    プロミスやSMBCモビットなどの大手消費者金融カードローンの公式サイトでは、簡単な項目を入力するだけで、ご融資が可能かどうかを診断する、シュミレーションができるようになっています。

     

    数秒で診断ができますので、まずはシュミレーションをして、審査に通る見込みがあることを確認してから申し込むと確実です。

     

     

    プロミス SMBCモビット

    https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000057805/6304/2884/

    お借入シミュレーション>>

    https://tr.slvrbullet.com/cl/w0000077717/6304/3151/

    お借入シミュレーション>>