カードローン 在籍確認

カードローン|在籍確認の電話で会社バレを防ぐには?

画像

消費者金融カードローンを利用する上で、避けて通れないのが職場への在籍確認の電話です。

 

「借金したことが職場にバレてしまうと肩身が狭い思いをする・・・」

 

そんな漠然とした不安からカードローンを利用できない方も多いようです。

 

ということで!

 

今回はカードローンの在籍確認についてわかりやすく解説していきます。

 

実は、ちょっとした知識があれば会社バレのリスクを、最小限にまでとどめることができるんです。

 

この記事を最後まで読めば、あなたは安心してカードローンを利用できるようになるでしょう。

 

 

不安解消!カードローン在籍確認に関するQ&A

画像

カードローンの在籍確認(会社への電話)に関する漠然とした不安を取り除くために、まずは簡単なQ&A形式であなたの疑問を解消していきましょう!

 

 

なぜ会社に会社に電話をかけてくるのか?

在籍確認とは、借り入れ申し込みの際に入力・記載した勤務先に、金融機関(銀行や消費者金融)が電話をかけるというもの。

 

目的は、「あなたが、本当にその職場で働いているか」を確認するためです。

 

ナゼそこまでするのかというと、嘘の情報を入力したり、無職なのにお金を借りようとする人が多いからですね。

 

貸す側からすれば、「お金を借りる人=現在お金が足りていない人」という認識ですから、

 

当然、返済能力があるかどうかを確実に確認しておく必要があるわけです。

 

 

 

会社への電話はいつかかってくるの?

在籍確認のタイミングは、金融機関によって少し異なりますが、基本的には審査終了間際です。

 

金融機関は、審査申し込みをした際の情報をスコアリングし、問題がなければ、信用情報機関に連絡を入れて、

 

他のローンや、クレジットカードの利用履歴などを審査します。

 

スコアリングと信用情報、共に審査通過すると在籍確認の工程に入ります。

 

つまり、

 

裏を返せば「在籍確認の電話があった」ということは、そこまでの審査が問題なく進んでいるといえるわけです。

 

勤務先に借金がバレる事はある?

結論から言うと、まずバレる事はありません。

 

プロミスなどの大手消費者金融では、こういったデリケートな問題に十分配慮しています。

 

会社名は名乗らず、担当者の個人名で電話をかけますので、勤務先に消費者金融からの電話ということは覚られないので安心してください。

 

実際の電話のやりとりは、

 

担当者「○○様でしょうか?」

 

本人『はい、○○です。』

 

担当者「これで、在籍確認完了となります。ありがとうございました。」

 

というシンプルなやり取りで、基本的にはフルネームを答えるだけで在籍確認完了となります。

 

電話がかかってきたときに会社にいない場合は?

本人が会社にいない場合でも、在籍していることさっ分かれば大丈夫です。

 

例えばこんな感じです・・・

 

【例:本人が不在の場合】

 

担当者「〇〇〇社様でございますか?」

 

勤務先『はい、そうです。』

 

担当者「わたくし、磯崎と申しますが、〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?」

 

勤務先『ただいま〇〇は、席を外しておりますが』

 

担当者「さようでございますか、では〇〇様の携帯電話の方にかけ直してみます。大変申し訳ございません。お手数おかけいたしました。失礼いたします。」

 

勤務先『いえ、とんでもございません。失礼いたします。』

 

・・・と、このように本人が電話に出なくても、担当者が在籍していることを確認できた時点で在籍確認完了となります。

 

あなたが知らない間に在籍確認が完了していることもあり得ます。

 

在籍確認なしで審査を通過することは可能?

実は、一つだけ方法があって「SMBCモビットのWEB完結申込」だけが唯一、在籍確認の電話連絡なしと明示されています。

 

ただし、電話連絡なしのWEB完結を利用するには、いくつか条件があります。

 

この条件に関しては、SMBCモビット公式サイトにて確認するか、このページの後半で詳しくご説明していますので参考にしてみてください!

 

SMBCモビット公式サイトはコチラ>>

 

借金が勤務先にバレないためのコツ

画像

消費者金融カードローンの在籍確認の電話は、個人名で電話をかけるので、基本的には、勤務先に借金がバレることはありません。

 

しかし、上司や同僚から「さっき、何の電話だったの?」と聞かれることはあるかもしれません。

 

そんなときに電話の理由を考えていないとテンパってしまいますよね。

 

ですので、何かしらの「言い訳」を用意しておくとよいでしょう。

 

個人的におすすめな言い訳は、

 

「最近、クレジットカードをつくった」

 

コレです!

 

クレジットカードの審査においても、在籍確認が行われる場合があります(必ずではありませんが)。

 

クレジットカードを作ること自体は、何も後ろめたいことではないですよね。

 

そして、なにより在籍確認そのものを誤魔化さなくてもよいので、変な目で見られることも、それ以上追及されることもありません。

 

他にも、

 

「スマホが故障したので個人用の電話がかかってきた」

 

という言い訳もありますが、わざわざ職場にかけてくるなんて余程の事態ですよね。

 

それに、故障したと嘘をついた手前、その日は勤務先でスマホが使えくなってしまうのも難点です。

 

やはり、言い訳としては「最近、クレジットカードをつくった」

 

これが最適でしょう。

 

 

個人情報の観点かわ電話を取り次いでくれない場合

画像

個人情報漏洩に関してシビアな会社では、担当者が個人名で電話をかけても

 

「個人情報ですのでお答えすることができません」

 

と、本人に電話をつないでくれないケースがあります。

 

そうなると、在籍確認が取れないので審査が進みません。

 

もし、このような事態が心配されるなら予め勤務先にあなた宛ての電話があることを伝えておく必要があります。

 

もちろん、借金をしたことを伝えなくていいので、

 

「クレジットカードを作ったので在籍確認の電話があるかもしれません」

 

と言って、うまく誤魔化せば勤務先にバレることはありません。

 

もしくは、

 

こういった特別な事情がある場合は、カードローン担当者に問い合わせて予め電話相談しておくと、何らかの措置を取ってくれる可能性もあります。

 

どうしても、在籍確認を避けたい場合

3830

 

  • バレる可能性はゼロではないので心配
  • バレないまでも、勤務先から怪しまれたくない
  • 勤務先に、ウソをつきたくない
  • 在籍確認のやりとりが面倒くさい

 

どうしても在籍確認の電話を避けたい場合には、SMBCモビットのWEB完結が便利です。

 

ほとんどの消費者金融カードローンが在籍確認の電話をかけるなか、

 

SMBCモビットのWEB完結だけは、公式サイトで「電話連絡なし」と明示しています。

 

これなら安心ですね。

 

ただし、在籍確認の電話がない分提出する書類が多いので注意しましょう。

 

SMBCモビットのWEB完結を利用するには、以下の条件が必要です。

【WEB完結利用条件】

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を(本人名義で)持っている
  • その口座を使って、SMBCモビットからの振込貸付や返済に利用する

 

【必要な提出書類】

  • 本人確認書類:運転免許証もしくはパスポート
  • 収入証明書:源泉徴収票、納税通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月間の給与明細書のいずれか
  • 勤務先確認書類:健康保険証、直近2ヶ月間の給与明細書

 

※これらの書類は全て写し(コピー)で大丈夫です。

 

SMBCモビットのWEB完結を利用するには公式サイトの「WEB完結申込」をクリックして必要事項を入力してください。

 

SMBCモビットサイトはコチラ>>