インフルエンザ予防にタミフルの料金と食事による予防

インフルエンザの予防に用いられる薬に、タミフルがあります。一度は名前を見聞きしたことのある人も多いでしょう。この薬はインフルエンザウイルスを抑制しますので、治療のみならず予防にも用いられます。しかしタミフルを使った予防には、色々と条件があります。どのような条件なのでしょうか。
まず、インフルエンザに罹ったことのある人と同居または共同生活をしており、本人はインフルエンザに罹っていないことです。加えて、年齢が65歳以上であり、腎機能障害や糖尿病、または心疾患などの持病があることが条件になります。これは最終的には、医師の判断に委ねられます。
それからタミフルを予防に用いた場合の料金ですが、これは少々高くなります。予防として用いる場合は保険が適用されないためで、1日に1回、約1週間から10日間服用して、料金は6000円から7000円ほどかかります。インフルエンザの治療として飲む場合は1日2回、約5日間の服用ですので、料金的にはほぼ同じです。またタミフルは食事の影響を受けないので、1日1回ないしは2回、時間を決めて飲むのがお勧めです。もしタミフルで嘔吐や下痢の症状が出て、それが続く場合には、処方をしてくれた医師に早めに連絡するようにしましょう。
またタミフルに頼るだけではなく、普段から栄養バランスのいい食事を摂って、感染しにくい体を作っておくことも大事です。特に動物性たんぱく質や山芋、レンコンなどは免疫力を高めたり、粘膜を守ってウイルスが付着しにくくする働きがあります。その他にも緑茶には抗菌作用や抗ウイルス作用がありますし、海藻にはウイルスの感染を抑える作用もありますので、普段の食事に上手に採り入れるのがお勧めです。

ページトップへ