お金 すぐ必要

お金がすぐ必要になったときどうするか?

画像

 

「お金がすぐにでも必要!」

 

「お金を借りるあてもないし、このピンチをどう乗り切ればいい!?」

 

あなたは今、このような事でお困りではありませんか?

 

マジメに働いていたとしても、急にまとまったお金が必要になるようなシュチュエーションは往々にしてあります。

 

そんな緊急事態に陥ったとき、キャッシングの経験がない人ほど焦って周りが見えなくなるものです。

 

なかには、闇金に手を出して取り返しのつかない事になってしまうケースも少なくないので注意が必要!

 

このページでは、すぐにでもお金を調達したいアナタがとるべき適切な対処法をご紹介しております。

 

この記事を最後まで読めば、あなたは「知っといてよかった〜」と安心できるはずです。

 

そして、今日中にアナタが安全にお金を調達できることを心から願っています。

 

 

具体的な対処法は?

画像

結論から申しますと、今すぐお金が必要な方のおすすめの対処法は、消費者金融カードローンです。

 

「え!消費者金融!?銀行じゃダメなの?」

 

と、思いませんでしたか?

 

たしかに、計画的にお金を借りるなら銀行がいいかもしれません。

 

しかし、急いでいるからといって、銀行はすぐにはお金は貸してくれないのです。

 

それどころか、審査が厳しいので、そもそも借り入れまでのハードルがとても高いです。

 

ですので、すぐにお金が必要な状況に陥ったときの対処法として、銀行はおすすめできません。

 

銀行をおススメしない理由
  • 借り入れ審査が厳しい
  • 銀行の口座を開設する必要がある
  • 借り入れまで日数がかかることが殆ど
  • 担保が必要
  • 保証人が必要

 

とても、今すぐ金を借りれるとは思えませんね(汗)

 

「でも消費者金融は利息が高いし、お金を借りるのが恐い・・・」

 

たしかに、消費者金融は銀行と比べると利息が高いですね。

 

でも、大丈夫です。

 

テレビCMでよく目にするような大手消費者金融カードローンであれば、緊急時に無利息でお金を借りられる便利なサービスがあります。

 

大手消費者金融の便利なサービス
  • 即日融資可能
  • 30日間の無利息期間
  • スマホやパソコンから申し込み可能
  • お近くのコンビニATMから借り入れ可能

 

スマホやパソコンから申し込みをして、審査が通れば、あとはお近くの無人契約機かコンビニATMからお金を引き出すだけ。

 

今日中にお金を借りることも十分可能です。

 

そして、30日間の無利息期間サービスがある消費者金融カードローンであれば無利息期間中に返済してしまえば最高ですね。

 

ここからは、緊急時におすすめの大手消費者金融カードローンを3社に厳選してご紹介していきます。

 

ただし、大手消費者金融カードローンが、これら全てのサービスを実施しているわけではなく、内容が微妙に異なるので、ご自身に合った金融機関を選ぶことが大切!

 

まずは、公式サイトから借り入れのサービス内容をチェックしてみましょう!

 

緊急時におすすめの消費者金融カードローン3選

プロミス

3865

融資限度額 500万円
融資利率 4.5%〜17.8%
審査通過率 46.30%(平均)
おすすすめポイント
  • 30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
  • 最短1時間で借入可能
  • 借入金額50万円まで収入証明不要
  • 郵送物なし、カードレスのWeb完結も可能
  • Web-ID・パスワードのみのカードレスで契約可能

 

プロミスの特徴

テレビCMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。

 

プロミスの特徴は、申し込みから借り入れまでがとにかくスムーズで速いこと。

 

スマホやPCから審査もうしこみをすれば最短1時間で借り入れ可能です。

 

土日祝日でも、原則24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも人気です。

 

もし、アナタが「すぐにでもお金が必要」な状況であれば、プロミスがおすすめです。

 

プロミス公式サイトほこちら>>

 

 

SMBCモビット

3830

融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 不明

 

おすすすめポイント
  • 即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 全国の銀行・コンビニなどの提携ATMで利用可能
  • 電話連絡、郵送物なしのWEB完結申し込みも人気
  • 会員専用のネットサービス「Myモビ」も好評

 

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットも、即日融資可能な人気のカードローンです。

 

細やかなサービスが充実していて顧客満足度が高いのがSMBCモビットの特徴といえるでしょう。

 

実際に、オリコン顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローン」2年連続第1位を獲得しています。

 

カードローンサービス+クレジットカード+Tポイントガードの3つの機能が1つになった【SMBCモビットnext】も好評です。

 

30日間の無利息期間がないので、完全に見利息で返済したい方にはおすすめできませんが、サービス内容がピカイチなので、長く使っていきたい方には最適なカードローンです。

 

 

SMBCモビットサイトほこちら>>

 

アイフル

融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 46.53%(平均
おすすすめポイント
  • 即日融資可能
  • 最短30分で審査可能
  • 初めての方に限り最大30日間無利息
  • イオン銀行も利用可能
  • アイフルの店舗以外でも、全国の提携CD/ATMでの融資が可能
  • ご利用限度額が50万円以下で、他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要

 

アイフルの特徴

アイフルは、最短30分で審査可能と詩っているだけあって、「審査申し込みからの待ち時間」が少ないのが特徴です。

 

急いでお金がほしい状況においては、待ち時間のストレスが少ないのは嬉しいですよね。

 

お客様のプライバシーには十分配慮したサービスが人気のアイフルでは、郵送物も社名(アイフル)が入っていない封筒やハガキで送られてきます。

 

親や配偶者にバレずにお金を借りたいということであれば、アイフルがいいかもしれません。

 

アイフルサイトほこちら>>

 

初めての方は、プロミスがおすすめ

画像

ここまで3社のカードローンをご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

もしあなたが、

 

「カードローンなんて初めてだし、どれを選んでいいかわからない」

 

と思われるようでしたら、プロミスがいいかもしれませんね。

 

なぜなら、

 

審査申し込みから借り入れまでが簡単でスムーズだからです。

 

この記事でご紹介しているカードローンは、どれも即日融資で人気のサービスです。

 

公式サイトを見比べていただくとわかるのですが、3社とも細かなサービス内容の違いはあれど、大差はありません。

 

であれば・・・

 

お金を借りるまでの精神的なストレスが、少しでも少ないプロミスが最適だと思うのです。

 

もし、あなたが、今すぐにでもお金が必要だと思っているのであれば、

 

まずは、プロミスの30日間無利息サービスを試してみてはいかがでしょうか?

 

プロミスの30日間無利息サービスを試してみる>>

 

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

カードローンを利用する上で知っておきたいこと

画像

ここまでの内容で、お金が今すぐ必要な緊急時においては、「消費者金融カードローンが非常に有用」だということがご理解いただけたかと思います。

 

しかし、

 

あなたが今までにカードローンを利用したことがないということであれば、様々な不安があることでしょう。

 

そこで、消費者金融カードローンを利用する上で最低限知っておきたいことを簡単にまとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

借入の手順

消費者金融カードローンの借り入れは、

 

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借り入れ

 

という4つのステップで完了します。

 

カードローン会社の公式ホームページから、必要な個人情報を入力して申し込みボタンを押すだけで審査に移ります。

 

審査に通過すれば契約完了となり「キャッシングカード」が発行されます。

 

このキャッシングカードは、最寄りの無人契約機で受け取ることができ、銀行のキャッシュカードと同様にATMからお金を引き出すことができます。

 

例えば、プロミスであれば、ここまでの一連の流れが最短で1時間で完結します。

 

最近ではWEB経由で指定した口座に振り込んでくれるサービス(WEB完結)もありますので、キャッシングカードを発行しなくてもよい場合もあります。

 

 

審査について

大手消費者金融カードローンの審査は、スコアリング審査という方法を採用しています。

 

スコアリング審査とは、

 

  • 年齢
  • 年収
  • 職業・雇用形態
  • 勤務年数
  • 過去の返済履歴
  • 他社借り入れ状況

 

などの項目を、コンピューターがスコア化して、その合計スコアが合格基準を満たせば審査通過となる仕組みです。

 

基本的には20歳以上65歳未満で安定した収入があれば、パートで働く主婦の方や、アルバイトをしている学生であってもお金を借りることができます。

 

逆に、

 

  • 収入が全くない
  • 個人情報に嘘がある
  • 信用情報に傷がある(ブラックリスト)
  • 既に年収の3分の1以上の借入額がある

 

というようなケースでは、どの消費者金融でも審査に通過するのは難しいでしょう。

 

ちなみに、「審査なし」「ブラックでもOK」などと謳っている会社は、違法な闇金業者である可能性が非常に高いのでくれぐれも手を出さないように注意しましょう。

 

勤務先への連絡

審査の際に、在籍確認という意味で勤務先に電話があります。

 

「え!職場に電話かけるの!?」

 

と、思われるでしょうが「SMBCモビット」「アイフル」といった社名は名乗らず、あくまで担当者個人名での在籍確認なので、勤務先に借金がばれることはありません。

 

必要書類

消費者金融カードローンは、審査にあたり必要書類を求められます。

 

必要書類といっても、

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

といった本人確認書類のいずれかがあればOKです。

 

提出方法も、スマホで撮った写真を、指定の方法でアップロードするだけなので簡単です。

 

ただし、借入金額が50万円を超える場合は、本人確認書類とは別に「収入証明書類(源泉徴収票)」の提出が求められます。

 

 

金利・利息について

金利・利息とは?

利息とは、借りた側が貸し手(銀行や消費者金融)に対して支払う手数料のようなもので、貸し手は、この利息によって収益を得ています。

 

金利は、この利息が借入金額に対して何%かかるかを示す割合のことをいいます。

 

つまり、

 

「金利〇〇%で○○円借りたから、支払う利息は○○円だよね」

 

みたいな表現になるわけですね。

 

金利の相場は、大まかにいうと

 

  • 消費者金融カードローンは年5〜18% 
  • 銀行カードローンは3〜15%

 

くらいです。

 

消費者金融と銀行で、約3%の差がありますが、たった3%でも借入金額が大きくなると、利息の差もばかになりません。

 

因みに、日本の法律で「出資法」というものがあり、かけられる金利の上限は年20%と定められています。

 

ですのえ、20%以上の金利を提示している金融業者は違法、つまり闇金と判断して利用は避けるようにしましょう。

 

金利・利息の計算

当サイトでも公表している通り、大手消費者の金利はどこも3.0%〜18.0%前後と大差はありません。

 

100万円以下の借り入れであれば、どの消費者金融を利用しても、上限の18.0%が適応されると考えておいて、ほぼ間違いないはずです。

 

さて、具体的な例を出して考えてみましょう!

 

例えば、

 

金利18.0%で20万円借りたとるすると年間で支払う利息は20万×18.0%で、年間で支払う利息は36000円と思われるかもしれません。

 

しかし、この計算はちょっと間違っているんです。

 

なぜなら、金利は、日割り計算で利息が発生するからです。

 

つまり利息の計算は・・・

 

利息=借入残高×年利×借入日数/365日

 

このような式になります。

 

先ほどの例で、金利18.0%で20万円借りた場合、これを30日間で返したとすると

 

20万円×18%×30日/365日=2958円

 

支払う利息は2958円でいいんですね。

 

このような日割り計算で考えると、「一日でも早く返した方が得」ということになりますね。

 

お金に余裕が出来たなら、早めの返済を心掛けるとよいでしょう。

 

返済方法

消費者金融カードローンの返済形式には2種類あり

 

  • 自身のペースで自由に返済していく「随時返済」
  • 毎月決められた期日に返済を行う「約定返済」

 

どちらも自由に選ぶことができます。

 

具体的には提携ATMなどを使って振り込む方法をとる方が多いですが、口座振り込みや、店舗の窓口で支払うことも可能です。

 

また、最近ではインターネットで返済する方法を利用する人が増えています。

 

インターネットであれば24時間365日体制で対応可能なので、ジャパンネット銀行などのネットバンキングを利用されている方にはおすすめです。

カードローン以外でお金を調達する方法

画像

ここまでは、カードローンでのキャッシングについてお話してきましたが、

 

「消費者金融を利用するのは気が引ける」

 

という方のために、カードローン以外の方法でお金を調達する方法に関してもご紹介していきましょう。

 

身内や友人からお金を借りる

 

「友人や親からお金を借りることはできないだろうか・・・」

 

お金が今すぐ必要な状況に置かれたときに、誰しも一度は頭によぎるかもしれません。

 

確かに、金融機関からお金を借りるよりも利息を取られない分、金銭的なロスはありません。

 

ですので、

 

もし身内や友人とお金の貸し借りができるほどの信頼関係があるのであれば、ご自身の置かれた状況を正直に打ち明けて、お金を貸してもらうという方法もあるのかもしれません。

 

ただし、知り合いからお金を借りる場合は、それなりのリスクがあることを理解しておかなければいけません。

 

知り合いからお金を借りるリスク

知り合いからお金を借りる上での最も大きなリスク・・・・

 

それは、信頼関係が失われることです。

 

ご自身がお金を貸す側の立場になったことを想像してみてください。

 

貸す方は、返してもらえない不安や一時的な金銭ロスを一方的に負わされるわけです。

 

それを、頼んでくる身内や友人に対し不信感を抱きませんか?

 

本来、お金を貸すことは

 

「金の貸し借りは縁の切れ目」というくらいしたくない行為だということを覚えておきましょう。

 

 

民事不介入

もう一つ、あなたがお金を貸す立場になった時にも知っておかなければならないのが、民事不介入です。

 

民事不介入とは、警察権が民事紛争に介入するべきではないとする原則のこと。(引用:Wikipedia )

 

つまり、お金を借りたまま返さない場合でも警察は動いてくれないということです。

 

たとえ、貸したという証拠があっても、弁護士に相談した上で相手方へ内容証明を送るなどの面倒くさい対処をしなければいけないわけです。

 

そして、弁護士に相談するにも、30分5000円程度のお金が発生します。

 

このような事実からも、安易にお金の貸し借りをするべきではないということがわかるかと思います。

 

 

不要なものを売る

少しでも早く金を調達したいという場合は、不要なものを売るというのも有効な手段です。

 

とくに、今すぐ現金を調達しなければならないような状況においては、質屋かリサイクルショップがおすすめです。

 

オンライン上のオークションサイトや、今流行りのフリマアプリもいいですが、お金が手元に届くまでには数日間かかってしまいますので、

 

その場で売って現金を調達できる質屋かリサイクルショップがいいでしょう。

 

 

    【質屋で高く売れるもの】

  • 昔買ったブランドバッグ
  • 使用頻度の少ない腕時計 寝る
  • 飾っていない骨董品・絵画
  • 着る予定のない着物・呉服
  • 売ってもいい貴金属
  • 未使用の金券

 

【リサイクルショップで高く売れるもの】

  • 本・CD・DVD
  • 高級ブランドの食器・家具
  • 衣服の高級ブランド品
  • カメラ・電化製品
  • ゴルフ用品

 

部屋の断捨離も兼ねて、これらの不用品を一気に売ることで、意外と大きな金額を調達できる場合かあります。

 

リサイクルショップの場合、店舗によって買取価格に差があるので、時間が許すのであれば、最寄りの店舗を何件かまわって、買取金額の見積もりを比較してみるのがおすすめですよ!

 

また、一人暮らしをされている方は、実家においてある不用品で、意外と売れるものが沢山あったりしますのでも探してみのもいいかもしれませんね。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

 

VISA、JCB、Mastercardなどのクレジットカードには、お買い物に使う「ショッピング利用枠」とは別に、お金を借りるための「キャッシング枠」が設けられています。

 

つまり、クレジットカードに付帯した機能によって現金を借りることができるということですね。

 

なお、キャッシング枠の上限の金額は、本人の希望とカード会社の審査によって決められます。

 

もし、クレジットカードをお持ちの方は、カードを作るキャッシング枠の上限を希望する欄に記載された記憶があるのではないでしょうか。

 

クレジットカードのキャッシング機能は急に現金は必要になった場合には非常に便利ですが、実はデメリットもあります。

 

 

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードキャッシングのデメリットとして大きいのが金利手数料です。

 

クレジットカードは、ショッピングで利用する分には、手数料が無料ですが、キャッシング枠で利用すると、必ず金利手数料が発生します。

 

金利手数料の相場としては、年15〜18%くらいですが、キャッシング枠を利用する前に、カード会社の公式サイトから会員ページなどから具体的な金額を確認しておいた方が無難です。

 

更に、もう一つの大きなデメリットとして、ショッピング枠が減ってしまうことが挙げられます。

 

実は、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠に含まれます。

 

例えば、あなたが持っているクレジットカードのショッピング枠が30万円で、キャッシングのために20万円借り入れたとすると、

 

その時点で、あなたのショッピング枠は10万円に減ってしまいます。

 

クレジットカードキャッシング枠を利用する場合には、これらのことを加味した上で計画的にお金を借りることが大切です。

数日以内にお金が必要な場合の対処法

画像

ここまでは、即日で現金を調達する方法について解説してきましたが、

 

「どうしても今日中にというわけではないけれど・・・・なるべく早くお金を調達したい・!」

 

という場合には、別の方法も検討してみてもいいかもしれません。

 

ここからは、数日以内にお金が必要な時の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

フリマアプリで不用品を売却する

 

昔は、インターネットで物を販売する手段といえば、ヤフーオークションかAmazonマーケットプレイスくらいしかありませんでした。

 

でも今では、スマートフォンの普及に伴い、気軽にスマホから出品できる「フリマアプリ」が主流となっています。

 

この、フリマアプリは、自分で販売価格を設定できるため、質屋に売りに出すよりも高く売れるケースが多いようです。

 

ただし、「いつまでに売れる」という保証はありませんし、「そもそも売れない」ということも、勿論あり得ます。

 

少しでも早く、スムーズに出品したものを売って、現金を調達するためには、フリマアプリの中の集客のコツを掴んでいくことが大切です

 

フリマアプリ集客のポイント
  • 出品した物の写真をなるべく綺麗に撮る。
  • 欲を出さずに価格をなるべく抑える
  • 丁寧で分かりやすい説明文を心掛ける
  • 新品同様、未開封、限定品などのキラーワードを使う

 

これらのポイントを駆使して、集客ひいては相手との交渉をうまく進めていけるようなマメな性格の方にはフリマアプリがおすすめです。

 

代表的なフリマアプリとしては、

 

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク!

 

などが有名ですが、他にもジャンルに特化したフリマアプリが存在します。

 

例えば・・・

 

  • ブクマ!(本専門)
  • オタマート(アニメグッズなどを専門的)
  • minne(雑貨、ハンドメイド作品に特化)

 

このようにジャンル特化型のフリマアプリを使えば、売るべきターゲットがはっきりしている分、早く売れる傾向にあります。

 

 

ネットの買取サービスを利用する

意外な現金調達方法として、最近ではインターネットの買取サービスが人気を博しています。

 

昔は、店舗型のリサイクルショップで不用品を売ることが多かったのですが、

 

店舗まで物を運ぶ手間や、出張買取を予約するわずらわしさがない分手軽にできるネットの買取サービスを利用する人が増えてきています。

 

更に、ネットの買取サービスのメリットとして、質屋やリサイクルショップでは買い取ってもらえないようなマニアックなものまで売れるということがあります。

 

最近のネット買取サービスは、どんどん細分化されて専門的になってきているので、もしかしたら、アナタのご自宅に眠っている意外なものが高価で売れるかもしれませんよ。

 

 

いかがでしょう?探せばまだまだたくさんあります。

 

ネット申し込みから、査定→買取→現金振り込みまで、数日間かかってしまうので、即日現金化は難しいですが、

 

数日間待てるのであれば、家の中のあらゆる不用品を現金化できるので非常に便利なサービスですね。

 

まずは、各サービスの公式サイトから無料査定の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

日雇いバイトでお金を作る

手っ取り早く現金を調達したい場合、日雇いのアルバイトでお金を稼ぐのも悪くありません。

 

日雇いのバイトというと「力仕事」のイメージが強いですが、最近は清掃やオフィスワークなど様々な仕事内容があるようです。

 

また、日雇いバイトには一度店舗に訪問して登録しなければいけない形のものもありますが、

 

最近では、完全にWEBで完結するシステムを採用している会社も増えてきています。

 

 

などの、サイトに登録しておけば、いつでも近いエリアの雇用状況を検索することができます。

 

うまく条件に合ったところがあれば、ちょっとした空いた時間に働いて、即日で現金を調達することも可能です。

 

ただし、

 

時期やタイミングによって、即日現金払いのバイトも定員が埋まってしまっている場合があるので、その日の運によるとこともあります。

 

 

クラウドソーシングで稼ぐ

在宅ワークとして副業で稼げるシステムとして、近年注目を浴びているクラウドソーシング。

 

名前の響きで「難しそう・・・」と嫌煙してしまう方も多いようですが、クラウドソーシングサービスに登録してしまえば、意外と気軽にお金を稼ぐことができます。

 

「ランサーズ」「クラウドワークス」といった、大手のクラウドソーシングサービスには、様々な仕事内容が募集されていますので、

 

  • 日記などのブログ記事作成
  • 商品のレビュー記事作成
  • アンケートに答える
  • 単純なデータ入力

 

など、インターネットに関するスキルや知識がなくても出来ることは沢山あるんです。

 

クラウドソーシングの最大の魅力は、在宅でお金を稼げること!

 

「稼ぎたいけど、働きに出るのは面倒くさい」という方にはおすすめですよ。

 

もちろん、プログラミングやウェブデザインなどの特別なスキルをお持ちの場合は、1案件で10万〜20万と、大きく稼ぐこともできます。

 

なにはともあれ、クラウドソーシングサービスに登録だけでもしておけば、ご自身に合った意外な現金調達法が見つかるかもしれません。

 

【大手クラウドソーシングサービス】

 

銀行カードローンでお金を借りる

「即日融資」ということにこだわらなければ、消費者金融カードローンよりも金利の低い銀行カードローンを考えてみてもいいかもしれません。

 

銀行カードローンは、総量規制の範囲を超える融資、暴力団関係者への融資などの問題から2018年より自主規制という形で即時実融資を廃止しています。

 

もちろん、自動契約機(無人契約機)を利用した即日融資も不可!

 

ただし、審査がスムーズに通れば最短で翌営業日には融資が可能な場合もあります。

 

大手消費者金融の上限金利は18.0%程度なのに対し、銀行カードローンの上限金利は14.5%くらい!低金利ですね・・・。

 

ただ、低金利なだけに、借入までのハードルが高いことも覚えておきましょう。

 

都市銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な会社が銀行カードローンを提供していますが、同一の審査基準は「20歳以上で安定した収入のある人」ということのみ。

 

つまり、審査基準がバラバラなため、同じ人でも会社によって審査に通ることもあれば、落ちることもあるわけですね。

 

一概には言えませんが、審査基準としてどの会社も重視しているのが個人の「返済能力」です。

 

  • 信用情報に傷がない
  • 安定した収入がある

 

という部分が大きくかかわってくるのは間違いないでしょう。

お金がすぐ必要でも絶対にやってはいけないNG行為

画像

すぐにでもお金が必要!

 

そんな状況でも、絶対に手を出してはいけないNG行為があります。

 

仮に、その場しのぎでお金を調達できたとしても、後々に思った以上に面倒なことになるケースがほとんどです。

 

金銭面で緊急事態に陥ると、普段は冷静な人でも正常な判断が難しくなりますので注意が必要です。

 

ここでは、特に間違った現金調達法を3つご紹介していきます。

 

 

闇金を利用する

金銭的に追い詰められた人が、つい手を出して今いがちなのが闇金です。

 

闇金とは、「闇金融」の略で、違法な営業を行う貸金業者です。

 

闇金は、正式な貸金業者としての登録を行っていないため、法外な高金利の貸し付けを行います。

 

ですので、法のもとに健全な運営をしている消費者金融とは全くの別物であることを覚えておきましょう。

 

闇金を利用してしまうと、驚くほど高い金利を請求されることになります。

 

そして、返済が遅れると悪質な手段を使って取り立てをしてきます。

 

闇金業者の取り立て手段
  • 自宅に押しかけてくる。
  • 昼夜問わず携帯電話や自宅に電話をかけて恫喝する。
  • 職場に嫌がらせの電話をかける(退職に追い込まれることも・・)
  • 家族や友人など、関係のない人にまで返済を求める。
  • 同じ闇金グループを紹介してそこから強制的に借金させ返済させる。
  • 近所の方々に迷惑をかけ、そこに住めないようにして追い込む。

 

などなど・・・他にもたくさんありますが、どれもまともな手段とは言えませんね。

 

対処法

仮に、自己破産したとしても、もともと法的請求権のない闇金は破産しようと請求してくるのは目に見えています。

 

そして、通報したとしても民事不介入(※1)という原則から、警察は積極的に動いてはくれません。

 

正しい対処法としては専門の弁護士に相談して迅速にご対応いただくのがベストですが、それ自体にも相当なお金がかかります。

 

  • 闇金はそもそも違法だから踏み倒せばいい
  • いざとなったら自己破産すれば位
  • 警察か弁護士がなんとかしてくれるだろう

 

といった、楽観的な考えで闇金に手を出すと、ご自身だけでなく、あなたの大切な家族が迷惑を被ることになります。

 

(※1)民事不介入:警察権が民事紛争に介入するべきではないとする原則。

 

 

クレジットカードの現金化

最近、ネットの広告などでよく見かけるクレジットカードの現金化ですが、

 

「具体的な仕組みがよくわからない・・・」

 

という方も多いかと思うので、簡単にご説明しておきましょう。

 

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという意味です。

 

勘違いされる方も多いのですが、

 

クレジットカードを金券ショップに持っていって換金するという話ではありませんよ(笑)

 

クレジットカードには、お金を借りるための「キャッシング枠」と、買い物をするための「ショッピング枠」があり、

 

キャッシング枠を使い切ってしまい、現金を引き出せなくなった人が、業者を通してショッピング枠を現金化するというもの。

 

具体的には、ショッピング枠を使って何かの商品を購入した「体」にして(購入した証拠を残すために安物の指輪などが送られてきます)、消費者の口座に現金が振り込まれ、その後返品・返金するという形をとります。

 

業者は、その一連のやり取りの中で「返品手数料」という形で収益を得ます。

 

(今すぐ現金が欲しい・・・でも、借金はしたくない!)

 

という、心理が働きこの手法を取る人も少なくないようですが、クレジットカードの現金化は非常にリスクが高くトラブルが多いということを覚えておきましょう。

 

違法性

クレジットカードの現金化に違法性はないかというと・・・これは、限りなく黒に近いグレーゾーンです。

 

少なくともクレジットカード会社は、このようなショッピング枠の現金化を認めていないため、規約違反ということになります。

 

つまり、現金化の行為が発覚した時点で、クレジットカードが利用停止なる恐れがあります。

 

もちろん、こうした金銭的な取引は法的にも認められていません。

 

消費者が物を購入した体にして、即時返品という形をとっているのも、こうした法律の穴を掻い潜るためです。

 

リスク

クレジットカード現金化自体が、そもそもグレーゾーンな行為ですので、当然のことながら詐欺行為や悪徳業者が非常に多い世界です。

 

【悪徳業者による被害例】

  • 法外な手数料を請求された
  • 決済だけさせておいて、現金が振り込まれない
  • 途中で拒否しても高額なキャンセル料を請求してくる
  • 手続きの際に得た個人情報を、闇金業者にリークする

 

 

しかも、現時点でまともな取引をしてくれる業者なのか悪徳業者なのかは,非常に見分けがつきにくいということもあり、

 

クレジットカード現金化は非常にリスクが高い行為だといえます。

 

 

ギャンブル

お金がないのにギャンブルなんて・・・と思うかもしれませんが、

 

すぐにでも現金が必要という状況では、普段は冷静な人でも判断力は落ちてしまいます。

 

「もぅ、一発あてるしかない・・・」

 

と、手元の少ないお金を軍資金にしてギャンブルに走ってしまうかたも少なくありません。

 

特に、ギャンブルへの依存度が高い人は「勝てば取り戻せる」という希望的観測にとらわれがちです。

 

冷静に考えれば、状況が悪化する可能性の方が圧倒的に高いのに・・・です。

 

そして、さらに怖いのが負けた分を取り戻そうとして闇金などから借金をしてしまうこと!

 

「あれ・・?そもそも何のために・・・?」

 

そして、借金が膨れ上がって、さらにお金がない状況に陥ってしまう。

 

こうして、嘘みたいな負のスパイラルに陥ってしまう人が後を絶ちません。

 

お金を調達する方法を考えたときに、少しでも「パチンコ」「競馬」「競艇」といったワードが頭をよぎった場合は、

 

まず、深呼吸をして冷静になりましょう。

 

もっと、リスクが少なく健全な方法で現金を調達する方法はいくらでもあります。