お金 すぐ必要

お金がすぐ必要になったときどうするか?

画像

 

「お金がすぐにでも必要!」

 

「お金を借りるあてもないし、このピンチをどう乗り切ればいい!?」

 

あなたは今、このようなことでお困りではありませんか?

 

真面目に働いていても、まとまったお金が急に必要になるようなシュチュエーションは往々にしてあります。

 

そんな緊急事態に陥ったとき、キャッシングの経験がない人ほど焦って周りが見えなくなるものです。

 

なかには、闇金に手を出して取り返しのつかない事になってしまうケースも少なくないので注意が必要!

 

この記事では、「すぐにでもお金を調達したい」あなたがとるべき適切な対処法をご紹介しております。

 

この記事を最後まで読めば、あなたはきっと「知っといてよかった〜」と安心できるはず!

 

そして、あなたが安全かつ確実にお金を調達できることを心から願っております。

 

 

具体的な対処法は?

画像

結論から申しますと、今すぐお金が必要な方のおすすめの対処法は、消費者金融カードローンです。

 

「え!消費者金融!?銀行じゃダメなの?」

 

と、思いませんでしたか?

 

たしかに、計画的にお金を借りるなら銀行がいいかもしれません。

 

しかし、急いでいるからといって、銀行はすぐにはお金は貸してくれないのです。

 

それどころか、審査が厳しいので、そもそも借り入れまでのハードルがとても高いです。

 

ですので、すぐにお金が必要な状況に陥ったときの対処法として、銀行はおすすめできません。

 

銀行をおススメしない理由
  • 借り入れ審査が厳しい
  • 銀行の口座を開設する必要がある
  • 借り入れまで日数がかかることが殆ど
  • 担保が必要
  • 保証人が必要

 

とても、今すぐ金を借りれるとは思えませんね(汗)

 

「でも消費者金融は利息が高いし、お金を借りるのが恐い・・・」

 

たしかに、消費者金融は銀行と比べると利息が高いですね。

 

でも、大丈夫です。

 

テレビCMでよく目にするような大手消費者金融カードローンであれば、緊急時に無利息でお金を借りられる便利なサービスがあります。

 

大手消費者金融の便利なサービス
  • 即日融資可能
  • 30日間の無利息期間
  • スマホやパソコンから申し込み可能
  • お近くのコンビニATMから借り入れ可能

 

スマホやパソコンから申し込みをして、審査が通れば、あとはお近くの無人契約機かコンビニATMからお金を引き出すだけ。

 

今日中にお金を借りることも十分可能です。

 

そして、30日間の無利息期間サービスがある消費者金融カードローンであれば無利息期間中に返済してしまえば最高ですね。

 

ここからは、緊急時におすすめの大手消費者金融カードローンを3社に厳選してご紹介していきます。

 

ただし、大手消費者金融カードローンが、これら全てのサービスを実施しているわけではなく、内容が微妙に異なるので、ご自身に合った金融機関を選ぶことが大切!

 

まずは、公式サイトから借り入れのサービス内容をチェックしてみましょう!

 

おすすめの大手消費者金融カードローン【緊急時に使うならこの3社で決まり!】

プロミス

3865

融資限度額 500万円
融資利率 4.5%〜17.8%
審査通過率 46.30%(平均)
おすすすめポイント
  • 30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
  • 最短1時間で借入可能
  • 借入金額50万円まで収入証明不要
  • 郵送物なし、カードレスのWeb完結も可能
  • Web-ID・パスワードのみのカードレスで契約可能

 

プロミスの特徴

テレビCMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。

 

プロミスの特徴は、申し込みから借り入れまでがとにかくスムーズで速いこと。

 

スマホやPCから審査申し込みをすれば最短1時間で借り入れ可能です。

 

土日祝日でも、原則24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも人気です。

 

もし、アナタが「すぐにでもお金が必要」な状況であれば、プロミスがおすすめです。

 

画像

 

 

SMBCモビット

3830

融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 不明

 

おすすすめポイント
  • 即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 全国の銀行・コンビニなどの提携ATMで利用可能
  • 電話連絡、郵送物なしのWEB完結申し込みも人気
  • 会員専用のネットサービス「Myモビ」も好評

 

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットも、即日融資可能な人気のカードローンです。

 

細やかなサービスが充実していて顧客満足度が高いのがSMBCモビットの特徴といえるでしょう。

 

実際に、SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

 

カードローンサービス+クレジットカード+Tポイントガードの3つの機能が1つになった【SMBCモビットnext】も好評です。

 

30日間の無利息期間がないので、完全に見利息で返済したい方にはおすすめできませんが、サービス内容がピカイチ!

 

特に、SMBCモビットのWEB完結は、職場への電話連絡が一切ないので、「勤務先に絶対バレたくない」という方には最適です。

 

画像

 

アイフル

画像

融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 46.53%(平均
おすすすめポイント
  • 即日融資可能
  • 最短30分で審査可能
  • 初めての方に限り最大30日間無利息
  • イオン銀行も利用可能
  • アイフルの店舗以外でも、全国の提携CD/ATMでの融資が可能
  • ご利用限度額が50万円以下で、他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要

 

アイフルの特徴

アイフルは、最短30分で審査可能と詩っているだけあって、「審査申し込みからの待ち時間」が少ないのが特徴です。

 

急いでお金がほしい状況においては、待ち時間のストレスが少ないのは嬉しいですよね。

 

お客様のプライバシーには十分配慮したサービスが人気のアイフルでは、郵送物も社名(アイフル)が入っていない封筒やハガキで送られてきます。

 

親や配偶者にバレずにお金を借りたいということであれば、アイフルがいいかもしれません。

 

画像

 

初めての方は、プロミスがおすすめ

画像

ここまで3社のカードローンをご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

もしあなたが、

 

「カードローンなんて初めてだし、どれを選んでいいかわからない」

 

と思われるようでしたら、プロミスがいいかもしれませんね。

 

なぜなら、

 

審査申し込みから借り入れまでが簡単でスムーズだからです。

 

この記事でご紹介しているカードローンは、どれも即日融資で人気のサービスです。

 

公式サイトを見比べていただくとわかるのですが、3社とも細かなサービス内容の違いはあれど、大差はありません。

 

であれば・・・

 

お金を借りるまでの精神的なストレスが、少しでも少ないプロミスが最適だと思うのです。

 

もし、あなたが、今すぐにでもお金が必要だと思っているのであれば、

 

まずは、プロミスの30日間無利息サービスを試してみてはいかがでしょうか?

 

プロミスの30日間無利息サービスを試してみる>>

 

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

 

ブラックなら中小規模の消費者金融を利用してみては?

過去に、債務整理やカードローンの返済を延滞した経験のある方は、「※信用情報」に金融事故としての記録が残ってしまいます。

 

このように、信用情報に傷がついてしまうと、俗にいうブラックな状態になります。

 

そして、ブラックの人は大手消費者金融カードローンでお金を借りることはできません。

 

なぜなら、申込みをしても、審査に落とされてしまうからです。

 

【※信用情報】

クレジットカードで買い物をしたり、ローンを組んで家を買うなど、現金を使わずに個人の信用をもとに行う取引を「信用取引」といいます。

 

信用情報とは、この信用取引に関する、個人の契約内容や支払い・返済状況・利用残高などの事実を記録したもの。

 

信用情報は、「信用情報機関」という所に集められ、管理されています。

 

日本には、次の3つの信用情報機関が存在し、

 

※各、信用情報機関の公式サイトにリンクしております

 

消費者金融カードローンの借り入れや、返済残高なども信用情報として記録されています。

 

カードローンの審査では、利用者の返済能力を確認するために、必ず信用情報を参照します。

 

この時点で、過去の金融事故の情報が出てくると、即アウト!審査に通ることはありません。

 

そこで!

 

そんな、ブラックな人にこそ、おすすめしたいのが「中小規模の消費者金融」です。

 

中小規模の消費者金融は、昔は「街金」といわれていた地域密着型の貸金業者です。

 

これらの、中小規模の消費者金融は、独自の審査基準を設けていて、信用情報に傷がある場合でも、柔軟に対応してくれるところが多いのです。

 

実際に、大手の消費者金融カードローンの審査に落ちて、中小規模の消費者金融の審査に通ったという人も少なくありません。

 

しかも、

 

近年では、インターネットの普及により、地方に店舗を構える中小規模の消費者金融でも、全国で利用できるようになりました。

 

もちろん、大手消費者金融カードローンと同じように審査がありますので、必ずお金を借りられるという保証はありませんが、試してみる価値は十分にあると思いますよ!

 

ただし、注意していただきたいのが「闇金」の存在です。

 

中小規模の消費者金融は、知名度が低いため、間違って悪質な闇金業者を利用してしまう人も多いようです。

 

「ブラックOK」などという、甘い謳い文句で広告を出しているのは100%闇金業者ですので、絶対に手を出さないよう注視してください。

 

もし、中小規模の消費者金融を利用するのであれば、信頼と実績のある老舗の金融機関を選ぶのがポイントです!

 

安心して利用できる!人気の中小規模消費者金融ランキング

アロー

 

アローの詳細情報

アローは、名古屋に店舗を構える消費者金融業者です。

 

公式サイトからWEB申込可能で、24時間体制で全国受付しております。

 

アローの魅力は、何といっても「審査が最短45分」というスピーディーな融資です。

 

「必要なときに、必要なお金を、必要な人に」をコンセプトに掲げており、利用者の状況に応じて柔軟に対応してくれるため、全国的に人気の融資サービスとなっています。

 

さらに!

 

独自審査のため、「過去に自己破産・債務整理された方もご相談可能」と明言しておりますので、

 

「ブラックだけど、すぐお金が必要!」という方は、是非公式サイトからお申し込みください。

 

画像



インターネットで24時間全国どちらからでもお申込み受付中!

 

 

セントラル

 

セントラルの詳細情報

中四国中心に店舗展開する「セントラル」は、創業40年を超える老舗の街金です。

 

WEB申込が可能なので、全国どこでも利用することができます。

 

そして、

 

中小規模の消費者金融でありながら、即日融資にも対応していて、ご利用が初めての方は最大30日間金利0円!

 

「お金がすぐ必要」にとっては嬉しいサービス内容になっています。

 

全国のセブン銀行ATM提携しているため、コンビニから借入することもできて非常に便利です。

 

画像

 

フタバ

 

フタバの詳細情報

フタバは、創業50年以上という実績のある超老舗の消費者金融業者です。

 

WEB申込で24時間受付可能で即日融資も可能!フタバは、たとえブラックでもご相談可能ですので、

 

大手の消費者金融カードローンに落ちてしまった方や、過去に債務整理・自己破産の経験がある方の駆け込み寺的存在です。

 

さらに、常に女性スタッフが対応してくれるので、女性の方でも利用しやすいところも魅力の一つです。

 

画像

 

学生で、お金がすぐ必要な場合の対処法

学費や生活費、各種イベントなど・・・

 

学生の身分であっても、急にお金が必要になるケースがありますよね。

 

このような場合、どう対処したらよいのか??

 

これは、あなたの今の年齢や状況によって変わってきます。

 

高校生(未成年)の場合

高校生の場合、留年していない限り未成年ということになります。

 

未成年の場合、親の同意なしにはあらゆる金融機関からお金を借りることができません。

 

ですので、基本的には別の方法で現金を調達するのが望ましいでしょう。

 

 

    【お金を借りずに現金を調達する方法一覧(※未成年向け)】

  • 不用品を売却する
  • 日払いのアルバイトで稼ぐ
  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • クレジットカードのキャッシング機能を使う
  • ポイントサイトで貯めたポイントを現金化する

 

このように、

 

「お金を借りる」という方法以外にも、現金を調達する方法は沢山あります。

 

もっと詳しく知りたい場合は、今すぐお金が必要な「高校生向け」現金調達法まとめの記事を参考にしてみてください。

 

もし、お金を借りるのであれば、ご両親や友人からお金を借りるということになりますが、その際に注意しなければならないのが金銭トラブルです。

 

金額に関する話の食い違いや、「貸したのに返してもらえない」などの金銭トラブルは、たとえ身内であっても起こりうる事態です。

 

あなたの移設な人間関係を壊さないためにも、お金を借りる際には正式な誓約書を自ら用意する必要があります。

 

未成年でもお金を借りられるケース

未成年であっても例外的に金融機関からお金を借りられるケースがあります。

 

それは、あなたが結婚していて、なおかつ安定収入がある場合です。

 

結婚していると、20歳以下であっても成人として認められますので、安静収入さえあれば親の同意なしにカードローンの審査を受けることも可能です。

 

2020年現在では、法律上の結婚できる年齢は男性が18歳以上、女性が16歳以上となっています。

 

2022年以降、法改正に伴い成人の年齢が20歳から18歳に引き下げられ、それに伴い結婚できる年齢は男女ともに18歳になる予定です。

 

もう一つの例外的なケースとして、一部の「ろうきん」があります。

 

「ろうきん」とは、正式には労働金庫といい、全国各地に13ヵ所ある非営利団体の金融機関のことを指します。

 

ろうきんが運営するカードローン「マイプラン」であれば未成年であっても融資が受けられる可能性があります。

 

ただし、

 

ろうきんは運営している地域によって申し込・借入の規定が違いますので、必ずしも未成年でお金が借りられるわけではありません。

 

カードローンと同様に審査を受ける必要がありますし、審査に通らないケースもあります。

 

そして、審査に通ったとしても収支までには数日間以上の時間を要しますので、すぐにお金が借りられるわけではないということも覚えておきましょう。

 

大学生の場合

冒頭で、お金がすぐ必要になった場合は即日融資可能な「大手の消費者金融カードローン」が確実で安全性が高い方法だと説明しました。

 

大学生の場合、20歳以上(成人)であり、なおかつアルバイトでもいいので「安定収入」があれば、カードローンで融資を受けられる可能性があります。

 

まだ未成年あるいは安定収入がないの場合は、高校生と同様にお金を借りることはできませんので、別の方法を模索しましょう。

 

【参考記事:今すぐお金が必要|借りる以外の現金調達法まとめ

 

仮に、消費者金融カードローンの審査に通らなかった場合、「質屋」でお金を借りるのがいいかもしれません。。

 

質屋であれば、審査を受けることなく即日融資でお金を借りることが可能です。

 

ただし、質に出す品物(ブランドバック、宝石、骨董品、高級腕時計など・・・それなりに高額査定がつくもの)を所有している場合に限ります。

 

他にも、学生が融資を受けられる手段として・・・

 

  • 銀行
  • ろうきん
  • JAバンク(農協)
  • 市役所(生活福祉制度)
  • 郵便局(担保自動貸付)
  • 共済組合(普通貸付制度)
  • 学生ローン

 

などがありますが、どれも即日融資でお金を借りることができないので「すぐ必要」という緊急時には活用できません。

 

学費が払えない時の対処法は?

学費が支払えないと、学校側から「督促状」もしくは「授業料納入のお願い」などの通知が届きます。

 

そして、その通知もスルーしていると、「退学処分」や「除名処分」となり、学生である資格を失ってしまいます。

 

もし、あなたが

 

プライベートで使うお金が不足しているわけではなく、学費が工面できずに困っていつのであれば、「奨学金」の申請を検討してみてはいかがでしょうか。

 

奨学金には、返済が必要な「貸与型」と返済の必要がない「給付型」の2種類があります。

 

給付型は、国や大学に学費を支払ってもらえるというオイシイ奨学金ですが、経済的な理由以外に「成績が優秀である」という条件が必須になってきます。

 

当然、試験や面接などもあるので非常にハードルが高いですが、自信があるのであれば、学校の職員に相談してみましょう。

 

貸与型の奨学金は、あくまで「借金」ですので他の金融機関と同じく返済や利息の支払にに関しては注意が必要です。

 

返済が滞ると信用情報に事故情報=ブラックリストとしての記録が残ってしまします。

 

とはいえ、貸与型であっても他のカードローンや学生ローンと比べると支払う利息が圧倒的に低く良心的です。

 

条件次第では無利息で借りられるケースもあるんですよ。

 

奨学金の申請は、次のようなところから申し込みができます。

 

  • 日本学生支援機構
  • 地方自治体
  • 民間
  • 学校

 

基本的には、日本学生支援機構から申込むのがスタンダードな方法ですが、地方自治体や民間、学校などが個別に奨学金制度を設けている場合もありますので、確認してみてもよいかもしれません。

 

専業主婦でお金が必要な場合の対処法

子供の教育費、住宅費、食費など・・・主婦であってもお金がすぐ必要になるケースは多々ありますよね。

 

こんな時、どのような対処法があるのでしょうか??

 

実は、主婦の場合、パートなどで安定収入があるのか、働きに出ていない専業主婦がで事情が変わってきます。

 

多少なりとも収入があれば、即日融資可能な消費者金融カードローンから融資を受けられる可能性があります。

 

しかし、収入がない専業主婦の場合は、消費者金融カードローンの審査には絶対通らないのです。

 

なぜなら、消費者金融は貸金業法という法律の下運用しているからです。

 

貸金業法には、「総量規制」という制度があり、申込者の年収の3分の1を超える金額を貸付できないようになっています。

 

つまり、実質年収が0円の専業主婦にお金を貸すことが法律上できないということになるのです。

 

さて、そんな専業主婦がお金を借りるには次のような方法があります。

 

配偶者貸付

例外として、一部の貸金業者には「配偶者貸付」という制度が適応されるケースもあります。

 

配偶者貸付は、夫婦の合計年収の3分の1を上限として貸し付けを行うというもの。

 

もちろん審査によって、貸付できる金が気はそれ以下になる場合がほとんどですが、配偶者貸付を利用することで専業主婦がお金を借りられるケースもあります。

 

ただし、配偶者の同意が必要なことと、配偶者貸付制度を適応している貸金業者が少ないというのが大きな問題です。

 

事実、プロミスなどの大手消費者金融カードローンでは配偶者貸付という商品はなく、

 

  • レディースフタバ
  • セディナ

 

などの、街金(地域密着型の中小規模の消費者金融)が取り扱っているケースが多いようです。

 

また、旦那さんに了承を得てまでカーローンでお金を借りるということはないですよね。

 

銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行法という法律の下運用しているので、貸金業者特有の制度である「総量規制」の対象ではありません。

 

つまり、

 

銀行カードローンであれば、年収が0円の専業主婦であっても融資を受けられる可能性があるということ。

 

もちろん、銀行カードローンであっても審査を受ける必要はありますが、配偶者の同意は必要ありませんし、配偶者に確認の電話がかかってくることもありません。

 

これは、先に述べた配偶者貸付と大きく異なる点ですね。

 

ただし、注意点として銀行カードローンは即日融資が不可能だということを覚えておきましょう。

 

2018年より、反社会勢力対策として、銀行カードローンの審査では、警察庁のデータベースへの参照が義務付けられ、その作業が早くとも1日はかかるため、銀行カードローンは即日融資には対応していないのです。

 

また、口座開設にも数日間〜一週間程度の時間を要するため、銀行口座を開設していない場合は、融資までに相当な時間がかかってしまします。

 

さらに、銀行カードローンのなかでも専業主婦への貸し付けをしている銀行は、

 

  • 楽天銀行
  • イオン銀行

 

の、大手2社だけです。

 

おすすは、楽天銀行のが提供している「楽天銀行スーパーローン」

 

なぜなら、楽天銀行スーパーローンは、自社の口座がなくても申込が可能だからです。

 

つまり、口座開設の時間が短縮できるため、審査さえ通れば最短で最短翌営業日にお金を借りることができます。

 

クレジットカードのキャッシング機能

もし、ご自身で自由に使えるクレジットカードをすでに持っているのであれば、クレジットカードに付帯するキャッシング機能をつかってお金を借りる方法もあります。

 

各種クレジットカードは、お買い物に使えるショッピング枠と、お金を借りることのできるキャッシング枠があります。

 

このキャッシング枠の限度額以内であれば、ATMからお金を引き落とすことで、すぐにでも借り入れが可能です。

 

ショッピング枠とキャッシング枠、それぞれの限度額はクレジットカードを作る際に設定したはずですので、詳しく知りたい場合はカード会社のホームページから確認するとよいでしょう。

 

ただし、注意点としてキャッシング枠はショッピング枠に含まれるということを覚えておきましょう。

 

たとえば、ショッピング枠の限度額が30万円でショッピング枠の限度額が10万円の場合、10万円借りるとショッピング枠で使えるお金が20万円になってしまいます。

 

また、クレジットカードといえどキャッシング枠を使用すると金利手数料が発生することも知っておく必要があります。

 

因みに、クレジットカードキャッシングの金利手数料は年15〜18%程度

 

これは、消費者金融カードローンとほぼ同じくらいの金利といえます。

 

無職(ニート)で、お金がすぐ必要な場合の対処法

無職の状態でもお金が必要になるケースはありますよね。

 

ただ働いていないニートの方だけでなく、現在失業中、あるいは就職活動中の方も含め、

 

無職の状態ですぐにお金が必要になった時にはどう対処すればよいのかを解説していきます。

 

無職の場合、あらゆる金融機関からお金を借りることはできません。

 

銀行であれ、貸金業者であれ、審査の際に必ず目を通すのが「安定した収入があるかどうか」です。

 

安定収入がなければ、貸したお金が返ってこないリスクが高いので、無職の人が借りられないのは当然といえば当然です。

 

ただし、次のような場合は無職であってもお金を借りられる可能性があります。

 

有担保ローン

住宅や自動車などの不動産を担保に融資を行うタイプのローン

 

現在住んでいる住居を死後売却するリバースモーゲージというローンも存在します。

 

ただし、担保物件の審査は厳しく、資産価値に見合った融資しか受けられない他、担保に抵当権がないかどうかなど厳しくチェックされます。

 

他の収入がある

無職でも、労働収入以外に安定した収入がある場合にはお金を借りることができるかもしれません。

 

例えば、年金、家賃収入、株式や債券から得られる配当金などがそれにあたりますね。

 

ただし、こられの収入があるからといって、カードローンの審査に通るかというと、そうとも限りません。

 

ローン会社によっては、安定収入のほかに勤務年数や正社員であることを貸し付け条件にしていることもありますので。

 

審査に通るかどうかは金融機関と現在のあなたの状況によりけりです。

 

緊急小口資金

生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金であれば無職であってもお金を借りることができるかもしれません。

 

通常、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りるばあい、融資でに1ヵ月前後の時間がかかりますが、

 

緊急小口資金なら、申込から最短5営業日で融資を受けることもできます。

 

ただし、借りられる金額の上限は10万円以下です。

 

緊急小口資金の受付はお住いの自治体の福祉事務所にありますので、数日以内にお金が必要なのであれば、

 

申し込んでみてもいいかもしれませんね。

 

他の方法は?

いかがでしょうか、現在無職であっても借りる手段がないわけではありませんね。

 

ただ、お金を借りる以外にも、不用品の売却や、日払いのバイトで稼ぐなど、現金を調達する方法は沢山ありますので、

 

まずはそちらを模索してみてはいかがでしょうか?

 

借金以外の現金調達法について、もっと詳しく知りたい場合は次の記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事:今すぐお金が必要|借りる以外の現金調達法まとめ

カードローンを利用する上で知っておきたいこと

画像

ここまでの内容で、お金が今すぐ必要な緊急時においては、「消費者金融カードローンが非常に有用」だということがご理解いただけたかと思います。

 

しかし、

 

あなたが今までにカードローンを利用したことがないということであれば、様々な不安があることでしょう。

 

そこで、消費者金融カードローンを利用する上で最低限知っておきたいことを簡単にまとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

未成年と無職(ニート)はお金を借りることができない。

消費者金融カードローンのお申込み条件は、会社によって多少の違いがありますが、

 

どの貸金業者でも共通している条件が点が2つあります。それが、

 

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があること

 

この2つの条件を満たしていないとどの貸金業者からもお金を借りることはできません。

 

つまり、未成年と無職の人はカードローンでお金を借りることができないということになります。

 

これは、民法や貸金業法に基づく総量規制などの法律上の制限によるものなので、正規の貸金業者は融資ができないのです。

 

ですので、現在あなたが未成年あるいは無職なのであれば、カードローン以外の方法で現金を調達する必要があります。

 

【参考記事:今すぐお金が必要|借りる以外の現金調達法まとめ

 

もし、「審査なし」「無職でも融資可能」という謳い文句で融資をする広告を見かけたら、それは間違いなく違法な貸金業者ですので、絶対に手を出さないようにしましょう。

 

借入の手順

消費者金融カードローンの借り入れは、

 

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借り入れ

 

という4つのステップで完了します。

 

カードローン会社の公式ホームページから、必要な個人情報を入力して申し込みボタンを押すだけで審査に移ります。

 

審査に通過すれば契約完了となり「キャッシングカード」が発行されます。

 

このキャッシングカードは、最寄りの無人契約機で受け取ることができ、銀行のキャッシュカードと同様にATMからお金を引き出すことができます。

 

例えば、プロミスであれば、ここまでの一連の流れが最短で1時間で完結します。

 

最近ではWEB経由で指定した口座に振り込んでくれるサービス(WEB完結)もありますので、キャッシングカードを発行しなくてもよい場合もあります。

 

【関連記事:カードローンでの借り方まとめ|申し込み〜借入までの流れを知ろう!

 

審査について

大手消費者金融カードローンの審査は、スコアリング審査という方法を採用しています。

 

スコアリング審査とは、

 

  • 年齢
  • 年収
  • 職業・雇用形態
  • 勤務年数
  • 過去の返済履歴
  • 他社借り入れ状況

 

などの項目を、コンピューターがスコア化して、その合計スコアが合格基準を満たせば審査通過となる仕組みです。

 

基本的には20歳以上65歳未満で安定した収入があれば、パートで働く主婦の方や、アルバイトをしている学生であってもお金を借りることができます。

 

逆に、

 

  • 収入が全くない
  • 個人情報に嘘がある
  • 信用情報に傷がある(ブラックリスト)
  • 既に年収の3分の1以上の借入額がある

 

というようなケースでは、どの消費者金融でも審査に通過するのは難しいでしょう。

 

ちなみに、「審査なし」「ブラックでもOK」などと謳っている会社は、違法な闇金業者である可能性が非常に高いのでくれぐれも手を出さないように注意しましょう。

 

【関連記事:カードローン|審査内容と審査に落ちないためのコツとは

 

【関連記事:カードローン審査に通らない意外な理由(※必ず確認しておこう!)

 

勤務先への連絡

審査の際に、在籍確認という意味で勤務先に電話があります。

 

「え!職場に電話かけるの!?」

 

と、思われるでしょうが「SMBCモビット」「アイフル」といった社名は名乗らず、あくまで担当者個人名での在籍確認なので、勤務先に借金がばれることはありません。

 

【関連記事:カードローン|在籍確認の電話で職場にばれる事ってある!?

 

必要書類

消費者金融カードローンは、審査にあたり必要書類を求められます。

 

必要書類といっても、

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

 

といった本人確認書類のいずれかがあればOKです。

 

提出方法も、スマホで撮った写真を、指定の方法でアップロードするだけなので簡単です。

 

ただし、借入金額が50万円を超える場合は、本人確認書類とは別に「収入証明書類(源泉徴収票)」の提出が求められます。

 

 

借り入れについて

審査通過の連絡が届いたら、契約完了!借り入れ可能な状態になります。

 

カードローンの借り入れ方法は、

  • ATM
  • 口座振込

 

の2通りの方法があります。

 

 

ATM

ATMでの借入をご希望なら、まずはお近くの自動契約機でキャッシングカードを発行しましょう。

 

消費者金融カードローン会社の多くは提携ATMを設けていますので、キャッシングカードを持っていれば提携銀行やコンビニATMでキャッシング可能です。

 

因みにプロミスやアイフルは、自動契約機の隣に「専用の自社ATM」が併設されているので、キャッシュカード発行→借入の流れがスムーズです。

 

自社ATMからであれば、引き出し手数料が無料なので金銭的なロスが少なくお得です。

 

【カードレスでも借入可能!】

この記事でご紹介している「プロミス」「SMBCモビット」「アイフル」なら、キャッシュカードを発行しないカードレスでの借入も可能です。

 

専用のアプリをダウンロードすれば、あなたのスマホがキャッシュカードとして機能します。

 

つまり、スマホ1台あれば、コンビニ・駅・ショッピングモールなどから入出金が可能!

 

キャッシュカードを持ちたくない方にはおすすめの方法です。

 

 

口座振込

口座振込は、契約完了後に各カードローン会社の公式サイトから会員ページにログインしていただき、

 

振込専用ページから振込依頼の操作を行います。

 

振込希望金額を入力して、実行を押すだけの簡単な操作で、あなたの指定口座に入金されるようになっています。

 

だたし、銀行の受付時間制限によって即時入金されない場合もあるので注意が必要です。

 

三井住友銀行・楽天銀行・セブン銀行などの24時間振込に対応した銀行を選ぶことをおすすめします。

 

 

借入限度額

「カードローンっていくらまでなら借りられるの?」

 

という疑問もありますよね。

 

カードローン会社によって、融資限度額が定められていますが、誰でも限度額まで借りられるわけではありません。

 

消費者金融カードローンにおいて、あなた借りれあれる限度額は、

 

  • 総量規制
  • 審査

 

によって決められます。

 

【総量規制】

「貸金業法」という法律に基づいて、

 

消費者金融カードローンなどの貸金業者からの借りられる金額「自分の年収の3分の1まで」と定められています。

 

例えば、年収240万円の方であれば、

 

240万÷3=80万

 

という計算で、借りられる金額は80万円ということになります。

 

これは、他社からの借り入れも含めた総額になりますので、複数社から借入をしても、借りられる金額の合計は変わらないということになります。

 

※カードローン会社は、信用情報機関を通じて他社との契約状況を把握できます。

 

総量規制は、近年社会問題にもなっている多重債務問題を解消するためにできた決まりです。

 

因みに、銀行カードローンは「銀行法」という別の法律に基づいて運営しているので、総量規制の対象にはなりません。

 

【審査】

借り入れ可能な金額は、審査の段階で個人個人で定められます。

 

あなたの年収や他社からの借り入れ状況などを考慮して、「返済可能かどうか」を審査したうえで、借りられる金額を決めていきます。

 

ですので、借入希望額の欄に高すぎる金額を入力すると、かえって審査に悪影響を及ぼす可能性が高いので注意しましょう。

 

 

金利・利息について

金利・利息とは?

利息とは、借りた側が貸し手(銀行や消費者金融)に対して支払う手数料のようなもので、貸し手は、この利息によって収益を得ています。

 

金利は、この利息が借入金額に対して何%かかるかを示す割合のことをいいます。

 

つまり、

 

「金利〇〇%で○○円借りたから、支払う利息は○○円だよね」

 

みたいな表現になるわけですね。

 

金利の相場は、大まかに言うと、

 

  • 消費者金融カードローンは年5〜18% 
  • 銀行カードローンは3〜15%

 

くらいです。

 

消費者金融と銀行で、約3%の差がありますが、たった3%でも借入金額が大きくなると、利息の差もばかになりません。

 

因みに、日本の法律で「出資法」というものがあり、金利の上限は年20%と定められています。

 

ですので、20%以上の金利を提示している金融業者は違法、つまり闇金と判断して利用は避けるようにしましょう。

 

金利・利息の計算

当サイトでも公表している通り、大手消費者の金利はどこも3.0%〜18.0%前後と大差はありません。

 

100万円以下の借り入れであれば、どの消費者金融を利用しても、上限の18.0%が適応されると考えておいて、ほぼ間違いないはずです。

 

さて、具体的な例を出して考えてみましょう!

 

例えば、

 

金利18.0%で20万円借りたとるすると年間で支払う利息は20万×18.0%で、年間で支払う利息は36000円と思われるかもしれません。

 

しかし、この計算はちょっと間違っているんです。

 

なぜなら、金利は、日割り計算で利息が発生するからです。

 

つまり利息の計算は・・・

 

利息=借入残高×年利×借入日数/365日

 

このような式になります。

 

先ほどの例で、金利18.0%で20万円借りた場合、これを30日間で返したとすると

 

20万円×18%×30日/365日=2958円

 

支払う利息は2958円でいいんですね。

 

このような日割り計算で考えると、「一日でも早く返した方が得」ということになりますね。

 

お金に余裕が出来たなら、早めの返済を心掛けるとよいでしょう。

 

【関連記事:カードローン|利息の計算と返済額を減らす3つの方法

 

返済方法

消費者金融カードローンの返済形式には2種類あり

 

  • 自身のペースで自由に返済していく「随時返済」
  • 毎月決められた期日に返済を行う「約定返済」

 

どちらも自由に選ぶことができます。

 

具体的には提携ATMなどを使って振り込む方法をとる方が多いですが、口座振り込みや、店舗の窓口で支払うことも可能です。

 

また、最近ではインターネットで返済する方法を利用する人が増えています。

 

インターネットであれば24時間365日体制で対応可能なので、ジャパンネット銀行などのネットバンキングを利用されている方にはおすすめです。

 

【関連記事:カードローンの返済方法|賢い返済のし方を分かりやすく解説!

 

おすすめの大手消費者金融カードローン【緊急時に使うならこの3社で決まり!】

プロミス

3865

融資限度額 500万円
融資利率 4.5%〜17.8%
審査通過率 46.30%(平均)
おすすすめポイント
  • 30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
  • 最短1時間で借入可能
  • 借入金額50万円まで収入証明不要
  • 郵送物なし、カードレスのWeb完結も可能
  • Web-ID・パスワードのみのカードレスで契約可能

 

プロミスの特徴

テレビCMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。

 

プロミスの特徴は、申し込みから借り入れまでがとにかくスムーズで速いこと。

 

スマホやPCから審査申し込みをすれば最短1時間で借り入れ可能です。

 

土日祝日でも、原則24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも人気です。

 

もし、アナタが「すぐにでもお金が必要」な状況であれば、プロミスがおすすめです。

 

画像

 

 

SMBCモビット

3830

融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 不明

 

おすすすめポイント
  • 即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 全国の銀行・コンビニなどの提携ATMで利用可能
  • 電話連絡、郵送物なしのWEB完結申し込みも人気
  • 会員専用のネットサービス「Myモビ」も好評

 

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットも、即日融資可能な人気のカードローンです。

 

細やかなサービスが充実していて顧客満足度が高いのがSMBCモビットの特徴といえるでしょう。

 

実際に、SMBCモビットは2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました。

 

カードローンサービス+クレジットカード+Tポイントガードの3つの機能が1つになった【SMBCモビットnext】も好評です。

 

30日間の無利息期間がないので、完全に見利息で返済したい方にはおすすめできませんが、サービス内容がピカイチ!

 

特に、SMBCモビットのWEB完結は、職場への電話連絡が一切ないので、「勤務先に絶対バレたくない」という方には最適です。

 

画像

 

アイフル
融資限度額 800万円
融資利率 3.0%〜18.0%
審査通過率 46.53%(平均
おすすすめポイント
  • 即日融資可能
  • 最短30分で審査可能
  • 初めての方に限り最大30日間無利息
  • イオン銀行も利用可能
  • アイフルの店舗以外でも、全国の提携CD/ATMでの融資が可能
  • ご利用限度額が50万円以下で、他社を含めた借入総額100万円以下の場合収入証明書不要

 

アイフルの特徴

アイフルは、最短30分で審査可能と詩っているだけあって、「審査申し込みからの待ち時間」が少ないのが特徴です。

 

急いでお金がほしい状況においては、待ち時間のストレスが少ないのは嬉しいですよね。

 

お客様のプライバシーには十分配慮したサービスが人気のアイフルでは、郵送物も社名(アイフル)が入っていない封筒やハガキで送られてきます。

 

親や配偶者にバレずにお金を借りたいということであれば、アイフルがいいかもしれません。

 

画像

カードローン以外の方法で、すぐにお金を調達する

画像

ここまでは、カードローンでのキャッシングについてお話してきましたが、だれもがカードローンでお金を借りられるわけではありませんよね。

 

  • 審査に通らない
  • 安定収入がない
  • 未成年である
  • 信用情報に傷がある

 

このような場合は、カードローンを利用できません。

 

また、

 

「消費者金融を利用するのは気が引ける」

 

そんな風に思うかもしれませんね。

 

ということで、

 

ここからは、カードローン以外の方法で、すぐにお金を調達する方法を、いくつかご紹介していきましょう。

 

【関連記事:今すぐお金が必要|借りる以外の現金調達法まとめ

 

現在使えるお金を見直す

急いで現金を調達しようとする前に、一度冷静になって手元にあるお金をチェックしてみてはいかがでしょう?

 

例えば、

 

  • 以前貯めていたへそくり
  • 換金できそうな商品券や金券
  • 知り合いに貸したままになっているお金
  • 交通系のICカードなどにチャージしているお金
  • 解約することでキャッシュバックがあるサービス
  • キャッシュレス決済によって自然に溜まったポイント

 

など、再度確認してみると意外と使えるお金があることに気が付くかもしれません。

 

日払いのアルバイトで稼ぐ

手っ取り早く現金を調達したい場合、日払いのアルバイトでお金を稼ぐのも悪くありません。

 

日雇いのバイトというと「力仕事」のイメージが強いですが、最近は清掃やオフィスワークなど様々な仕事内容があるようです。

 

収入は仕事内容によって異なりますが、1日数千円〜2万円程度の給料を頂けると考えておくとよいでしょう。

 

また、日払いのアルバイトには一度店舗に訪問して登録しなければいけない形のものもありますが、

 

最近では、完全にWEBで完結するシステムを採用している会社も増えてきています。

 

 

などの、サイトに登録しておけば、いつでも近いエリアの雇用状況を検索することができます。

 

うまく条件に合ったところがあれば、ちょっとした空いた時間に働いて、即日で現金を調達することも可能です。

 

ただし、

 

時期やタイミングによって、即日現金払いのバイトも定員が埋まってしまっている場合があるので、その日の運によるとこともあります。

 

もひとつ注意点として、日払いのアルバイトであっても、給料は後日支給というケースもあります。

 

とりわけ「お金がすぐ必要」な状況においては、単発で当日支給の仕事を探すとよいでしょう。

 

【関連記事:今すぐ10万稼ぐ方法まとめ|緊急でお金が必要な人必見です!

 

 

身内や友人からお金を借りる

「友人や親からお金を借りることはできないだろうか・・・」

 

お金が今すぐ必要な状況に置かれたときに、誰しも一度は頭によぎるかもしれません。

 

確かに、金融機関からお金を借りるよりも利息を取られない分、金銭的なロスはありません。

 

ですので、

 

もし身内や友人とお金の貸し借りができるほどの信頼関係があるのであれば、ご自身の置かれた状況を正直に打ち明けて、お金を貸してもらうという方法もあるのかもしれません。

 

ただし、知り合いからお金を借りる場合は、それなりのリスクがあることを理解しておかなければいけません。

 

知り合いからお金を借りるリスク

知り合いからお金を借りる上での最も大きなリスク・・・・

 

それは、信頼関係が失われることです。

 

ご自身がお金を貸す側の立場になったことを想像してみてください。

 

貸す方は、返してもらえない不安や一時的な金銭ロスを一方的に負わされるわけです。

 

それを、頼んでくる身内や友人に対し不信感を抱きませんか?

 

本来、お金を貸すことは

 

「金の貸し借りは縁の切れ目」というくらいしたくない行為だということを覚えておきましょう。

 

 

民事不介入

もう一つ、あなたがお金を貸す立場になった時にも知っておかなければならないのが、民事不介入です。

 

民事不介入とは、警察権が民事紛争に介入するべきではないとする原則のこと。(引用:Wikipedia )

 

つまり、お金を借りたまま返さない場合でも警察は動いてくれないということです。

 

たとえ、貸したという証拠があっても、弁護士に相談した上で相手方へ内容証明を送るなどの面倒くさい対処をしなければいけないわけです。

 

そして、弁護士に相談するにも、30分5000円程度のお金が発生します。

 

このような事実からも、安易にお金の貸し借りをするべきではないということがわかるかと思います。

 

 

不要なものを売る

少しでも早く金を調達したいという場合は、不要なものを売るというのも有効な手段です。

 

とくに、今すぐ現金を調達しなければならないような状況においては、質屋かリサイクルショップがおすすめです。

 

オンライン上のオークションサイトや、今流行りのフリマアプリもいいですが、お金が手元に届くまでには数日間かかってしまいますので、

 

その場で売って現金を調達できる質屋かリサイクルショップがいいでしょう。

 

 

    【質屋で高く売れるもの】

  • 昔買ったブランドバッグ
  • 使用頻度の少ない腕時計 寝る
  • 飾っていない骨董品・絵画
  • 着る予定のない着物・呉服
  • 売ってもいい貴金属
  • 未使用の金券

 

【リサイクルショップで高く売れるもの】

  • 本・CD・DVD
  • 高級ブランドの食器・家具
  • 衣服の高級ブランド品
  • カメラ・電化製品
  • ゴルフ用品

 

部屋の断捨離も兼ねて、これらの不用品を一気に売ることで、意外と大きな金額を調達できる場合かあります。

 

リサイクルショップの場合、店舗によって買取価格に差があるので、時間が許すのであれば、最寄りの店舗を何件かまわって、買取金額の見積もりを比較してみるのがおすすめですよ!

 

また、一人暮らしをされている方は、実家においてある不用品で、意外と売れるものが沢山あったりしますのでも探してみのもいいかもしれませんね。

 

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

 

VISA、JCB、Mastercardなどのクレジットカードには、お買い物に使う「ショッピング利用枠」とは別に、お金を借りるための「キャッシング枠」が設けられています。

 

つまり、クレジットカードに付帯した機能によって現金を借りることができるということですね。

 

なお、キャッシング枠の上限の金額は、本人の希望とカード会社の審査によって決められます。

 

もし、クレジットカードをお持ちの方は、カードを作るキャッシング枠の上限を希望する欄に記載された記憶があるのではないでしょうか。

 

クレジットカードのキャッシング機能は急に現金は必要になった場合には非常に便利ですが、実はデメリットもあります。

 

 

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードキャッシングのデメリットとして大きいのが金利手数料です。

 

クレジットカードは、ショッピングで利用する分には、手数料が無料ですが、キャッシング枠で利用すると、必ず金利手数料が発生します。

 

金利手数料の相場としては、年15〜18%くらいですが、キャッシング枠を利用する前に、カード会社の公式サイトから会員ページなどから具体的な金額を確認しておいた方が無難です。

 

更に、もう一つの大きなデメリットとして、ショッピング枠が減ってしまうことが挙げられます。

 

実は、クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠に含まれます。

 

例えば、あなたが持っているクレジットカードのショッピング枠が30万円で、キャッシングのために20万円借り入れたとすると、

 

その時点で、あなたのショッピング枠は10万円に減ってしまいます。

 

クレジットカードキャッシング枠を利用する場合には、これらのことを加味した上で計画的にお金を借りることが大切です。

 

質屋でお金を借りる

すぐにお金が必要なら「質屋でお金を借りる」というのも一つの手段です。

 

質屋というと「ブランド品の買取」のイメージが強いかと思いますが、

 

実は、質屋でお金を借りることもできるのです。

 

質屋の融資システム

質屋は、品物を担保にお金を貸すという独自のシステムで融資をしています。

 

質屋に品物を預けることを「質入れ」といいますが、質入れするものは多くの場合、ブランドバックや高級時計などです。

 

【質入れできる品物一覧】

  • ロレックスなどの高級時計
  • ダイヤモンドなどの宝石付きアクセサリー
  • 金・プラチナなどの貴金属
  • Louis Vuittonなどのブランドバック
  • カメラ・パソコンなどの電化製品

 

これらの品物を店内で査定し、それによって借り入れ金額の上限が決まります。

 

質入れの期限は3ヵ月程度で、その間に質料(手数料)を含めた借入金額を返済できれば、担保にした品物が返却されます。

 

もし、返済できなければ「質流れ(流質)」といって、担保にした品物の所有権が質屋に移ります。

 

現在では、質屋でお金を借りる人は少なくなりましたが、「すぐにお金が必要な状況」において質屋を利用するメリットは多くあります。

 

質屋を利用するメリット

質屋を利用するメリットとして大きいのが、カードローンのような審査がないことです。

 

質屋であれば、質入れする品物さえ持っていけば、今すぐにでもお金を借りることができます。

 

厳密には、査定の待ち時間がありますが、かかったとしても数十分程度です。

 

また、審査がないということは、カードローンでは審査に落ちてしまうような方でも借入可能ということになります。

 

例えば、無職の方・高齢者の方・信用情報に事故情報が載っている方(ブラックの方)であっても、即日融資でお金を借りられるということです。

 

仮に、借りたお金を返済できなくても、質流れとなり、担保にした品物が質屋の物になるだけですので、取り立てや催促などは一切ありません。

 

そして、質屋でのお金のやり取りは信用取引ではないため、返済できなくても信用情報に傷がつくことはありません。

 

このように、意外とメリットが多い質屋。

 

もし、質入れできそうな貴重品をお持ちであれば、質屋でお金を借りてみるというのもよいのではないでしょうか。

 

【関連記事:今すぐお金が必要|無職の人のための対処法まとめ

数日以内にお金が必要な場合の対処法

画像

ここまでは、即日で現金を調達する方法について解説してきましたが、

 

「どうしても今日中にというわけではないけれど・・・・なるべく早くお金を調達したい・!」

 

という場合には、別の方法も検討してみてもいいかもしれません。

 

ここからは、数日以内にお金が必要な時の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

 

 

フリマアプリで不用品を売却する

 

昔は、インターネットで物を販売する手段といえば、ヤフーオークションかAmazonマーケットプレイスくらいしかありませんでした。

 

でも今では、スマートフォンの普及に伴い、気軽にスマホから出品できる「フリマアプリ」が主流となっています。

 

この、フリマアプリは、自分で販売価格を設定できるため、質屋に売りに出すよりも高く売れるケースが多いようです。

 

ただし、「いつまでに売れる」という保証はありませんし、「そもそも売れない」ということも、勿論あり得ます。

 

少しでも早く、スムーズに出品したものを売って、現金を調達するためには、フリマアプリの中の集客のコツを掴んでいくことが大切です

 

フリマアプリ集客のポイント
  • 出品した物の写真をなるべく綺麗に撮る。
  • 欲を出さずに価格をなるべく抑える
  • 丁寧で分かりやすい説明文を心掛ける
  • 新品同様、未開封、限定品などのキラーワードを使う

 

これらのポイントを駆使して、集客ひいては相手との交渉をうまく進めていけるようなマメな性格の方にはフリマアプリがおすすめです。

 

代表的なフリマアプリとしては、

 

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク!

 

などが有名ですが、他にもジャンルに特化したフリマアプリが存在します。

 

例えば・・・

 

  • ブクマ!(本専門)
  • オタマート(アニメグッズなどを専門的)
  • minne(雑貨、ハンドメイド作品に特化)

 

このようにジャンル特化型のフリマアプリを使えば、売るべきターゲットがはっきりしている分、早く売れる傾向にあります。

 

 

ネットの買取サービスを利用する

意外な現金調達方法として、最近ではインターネットの買取サービスが人気を博しています。

 

昔は、店舗型のリサイクルショップで不用品を売ることが多かったのですが、

 

店舗まで物を運ぶ手間や、出張買取を予約するわずらわしさがない分手軽にできるネットの買取サービスを利用する人が増えてきています。

 

更に、ネットの買取サービスのメリットとして、質屋やリサイクルショップでは買い取ってもらえないようなマニアックなものまで売れるということがあります。

 

最近のネット買取サービスは、どんどん細分化されて専門的になってきているので、もしかしたら、アナタのご自宅に眠っている意外なものが高価で売れるかもしれませんよ。

 

 

いかがでしょう?探せばまだまだたくさんあります。

 

ネット申し込みから、査定→買取→現金振り込みまで、数日間かかってしまうので、即日現金化は難しいですが、

 

数日間待てるのであれば、家の中のあらゆる不用品を現金化できるので非常に便利なサービスですね。

 

まずは、各サービスの公式サイトから無料査定の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

 

クラウドソーシングで稼ぐ

在宅ワークとして副業で稼げるシステムとして、近年注目を浴びているクラウドソーシング。

 

名前の響きで「難しそう・・・」と嫌煙してしまう方も多いようですが、クラウドソーシングサービスに登録してしまえば、意外と気軽にお金を稼ぐことができます。

 

「ランサーズ」「クラウドワークス」といった、大手のクラウドソーシングサービスには、様々な仕事内容が募集されていますので、

 

  • 日記などのブログ記事作成
  • 商品のレビュー記事作成
  • アンケートに答える
  • 単純なデータ入力

 

など、インターネットに関するスキルや知識がなくても出来ることは沢山あるんです。

 

クラウドソーシングの最大の魅力は、在宅でお金を稼げること!

 

「稼ぎたいけど、働きに出るのは面倒くさい」という方にはおすすめですよ。

 

もちろん、プログラミングやウェブデザインなどの特別なスキルをお持ちの場合は、1案件で10万〜20万と、大きく稼ぐこともできます。

 

なにはともあれ、クラウドソーシングサービスに登録だけでもしておけば、ご自身に合った意外な現金調達法が見つかるかもしれません。

 

【大手クラウドソーシングサービス】

 

銀行カードローンでお金を借りる

「即日融資」ということにこだわらなければ、消費者金融カードローンよりも金利の低い銀行カードローンを考えてみてもいいかもしれません。

 

銀行カードローンは、総量規制の範囲を超える融資、暴力団関係者への融資などの問題から2018年より自主規制という形で即時実融資を廃止しています。

 

もちろん、自動契約機(無人契約機)を利用した即日融資も不可!

 

ただし、審査がスムーズに通れば最短で翌営業日には融資が可能な場合もあります。

 

大手消費者金融の上限金利は18.0%程度なのに対し、銀行カードローンの上限金利は14.5%くらい!低金利ですね・・・。

 

ただ、低金利なだけに、借入までのハードルが高いことも覚えておきましょう。

 

都市銀行や地方銀行、ネット銀行など様々な会社が銀行カードローンを提供していますが、同一の審査基準は「20歳以上で安定した収入のある人」ということのみ。

 

つまり、審査基準がバラバラなため、同じ人でも会社によって審査に通ることもあれば、落ちることもあるわけですね。

 

一概には言えませんが、審査基準としてどの会社も重視しているのが個人の「返済能力」です。

 

  • 信用情報に傷がない
  • 安定した収入がある

 

という部分が大きくかかわってくるのは間違いないでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)でお金を稼ぐ

最近街中でよく見かけるようになったUber Eats(ウーバーイーツ)。

 

この、Uber Eatsの宅配でお金を稼ぐことができます。

 

Uber EatsはWebでパートナー登録することで、すぐにでも働くことができます。

 

Uber Eatsの魅力は自分の働きたい時に自由に働けることです。

 

Uber Eats専用のアプリをオンライン状態にしてけば、通知が来て仕事が入りますし、オフラインにしておけば入りません。

 

ですので、ちょっとした移動のついでにゲーム感覚でお金を稼ぐことができます。

 

報酬はエリアや移動距離によって異なりますが、概ね自給1000円〜2000円程度と考えておきましょう。

 

また、曜日や時間帯によって「ブースト」というインセンティブが発生して報酬が増えることがあります。

 

このブースト時期を狙って仕事をすれば、効率よくお金を稼ぐことができますよ!

 

治験

治験は新しくできる薬の効果や安全性を確かめるために被験者となるものです。

 

この、治験であれば、短期間に高額なお金を稼ぐことができます。

 

とはいえ・・

 

副作用などで身体に異常をきたすのではないかという不安があるかと思いますが、

 

治験は様々な安全テストを経て、最終的に厚生労働省に認可してもらうための最終試験のようなものなので、安全性は極めて高いと言えます。

 

治験には通院するタイプと入院するタイプがあり、多くの場合は採血をすることを知っておきましょう。

 

数時間の拘束時間で日帰り検査のみの物もありますので、場合によってはその日のうちに現金を調達することも可能です。

 

また、治験の応募に際しては年齢や性別などの条件を設けている場合もありますので、事前に確認しておく必要があります。

 

セルフバックでお金を作る

セルフバックとは、商品やサービスを購入して、成果報酬をもらう仕組みのこと。

 

「え?物を買ってお金がもらえるの?」

 

と思いかと思いますが、それを可能にしているのが「アフィリエイト」というビジネスモデルです。

 

アフィリエイトとは「成果報酬型のインターネット広告」を指し、自身で運用するブログやWebサイトを通じで、広告収入を得る手法のこと。

 

この、アフィリエイトには、本人が商品やサービスを購入しても成果としての広告収入が入るセルフバックという機能があり、これを利用することでお金を得ることができます。

 

※アフィリエイトそのもので成果報酬を得るには相応の知識や技術が必要なため、当記事ではおすすめしておりません。

 

セルフバック機能の中には、お金を出して商品を買わなくても、成果報酬が得られるのもがあります。

 

例えば・・・

 

  • クレジットカードを作る
  • エステの無料体験をする
  • 保険相談窓口に相談する
  • FXのための口座を開設する

 

このような案件に申し込むことで、合計で数万円〜10万円程度のお金を得ることも可能です。

 

セルフバックでお金を得るためには、まずはアフィリエイト広告を管理しているASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)に無料登録してみましょう。

 

ASPのサイトには様々なセルフバック案件がありますので、報酬が高そうなものを探してみるとよいでしょう。

 

ただし、このセルフバック機能の報酬があなたの口座に振り込まれるのは、報酬が確定した2か月後になりますので、すぐに現金を確保したい場合には適していません。

 

カーシェアリングでお金を稼ぐ

カーシェアリングとは、マイカーを使わない時に貸し出すことでお金を稼ぐ方法です。

 

最近では、企業が提供する車ではなく、仲介業者を通じだ個人間のやり取りで自家用車を貸し出すことができるようになりました。

 

車種やスペックによって稼げる金額は変わってきますが、1日で3000円〜1万円程度が相場です。

 

実際にカーシェアリングでマイカーを貸し出す方法は、

 

Anyca、グリーンポットなどのカーシェアリング仲介サービスに会員登録をします。

 

次に、貸出条件や価格を決めて出品して車を借りたい人のリクエストを待ちましょう。

 

リクエストが来たら、貸出時間や場所を決めて車を貸し出します。

 

「車を使いたい時もあるけれど、車検やメンテナンス料金を考えると買うほどではない・・・」

 

という人も多く、カーシェアリングのニーズは高まっています。

 

  • 休日は車に乗らない
  • 高級車を持っているが売りたくない

 

などの事情がある方にはピッタリの現金調達法ではないでしょうか。

 

【高齢者対象】生活福祉資金貸付制度を活用する

生活福祉資金貸付制度とは、低収入で生活が困難な人や65歳以上の高齢者向けに貸し付けを行っている公的融資制度のひとつです。

 

ですので、

 

高齢、低収入などが原因でカードローンの審査に通らなかった人でも、ある一定の条件を満たせば、お金を借りることができます。

 

さらに、生活福祉資金貸付制度は救済目的の公的制度なので低利子、もしくは無利子でお金を借りられるのが魅力の一つでしょう。

 

生活福祉資金貸付制度には以下の4つが存在します。

 

  • 福祉資金
  • 総合支援資金
  • 教育支援資金
  • 不動産担保型生活資金

 

これらの細かな説明は長くなるので割愛しますが、少なくとも数日以内にお金が必要だということであれば、福祉資金の緊急小口資金を利用するのがよいでしょう。

 

というのも、生活福祉資金貸付制度は審査に最低1ヶ月間という時間を要してしまうからです。

 

しかし、福祉資金の緊急小口資金であれば1週間で審査が終了し融資を受かられます。

 

生活福祉資金の緊急小口資金の申込み条件は以下の通りです。

 

  • 低所得(一定基準以下の収入)
  • 高齢者(65歳以上)
  • 障碍者(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている)

 

これらの条件に当てはまる場合は、生活福祉資金の緊急小口資金に申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

窓口は、各都道府県・市区町村の社会福祉協議会です。

 

【高齢者対象】年金を担保にお金を借りる

もしあなたが、年金受給者なのであれば、年金担保貸付融資制度を利用してもいいかもしれません。

 

年金担保貸付融資制度は、その名の通り「年金を担保にお金を借りる」ことができる制度です。

 

基本的には、生活費が不足している高齢者が安全にお金を借りられるための制度で、将来貰う年金を返済に充てる約束をしてお金を借りることになります。

 

銀行や貸金業者が年金を担保に融資をする事は違法ですので、年金担保貸付融資制度を通じた融資が認められているのは、

 

  • 独立行政法人福祉機構
  • 日本政策金融公庫

 

の2つだけです。

 

この、年金担保貸付融資制度であれば、カードローンの審査に通らない高齢者の方でも低金利でお金を借りることができますが、

 

借りたお金の使い道は限定的で自由ではありません。

 

例えば、医療、引っ越し、介護・福祉、冠婚葬祭などが認められていますが、生活資金や旅行にあてることはできないのです。

 

また、年金担保貸付融資制度でお金を借りるためには、連帯保証人を立てる必要があることも覚えておきましょう。

 

年金担保貸付融資制度は、ご自身が年金を受け取っている銀行が窓口からお申込みが可能ですので、そちらで詳しい話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

なお、年金担保貸付融資制度は2022に廃止されることが発表されますのでご注意ください。

 

定期預金を担保にお金を借りる

すぐに使えるお金がなくても定期預金の残高があるのであれば、「定期預金担保貸付(当座貸越)」を利用してお金を借りてみてはいかがでしょうか。

 

定期預金担保貸付とは、その名の通り銀行に預けてある定期預金を担保にお金を借りられる便利な制度です。

 

定期預金担保貸付で借り入れできる金額は、定期預金の残高の90%程度で、上限は200万円〜300万円とされています。

 

定期預金に残高がある方であればだれでも利用可能ですので、

 

お金がすぐ必要な緊急時でありながら、カードローンでお金を借りるのは気が引ける・・・かといって、定期預金を解約するのも嫌だ!

 

そんなケースには最適です。

 

仮面調査で稼ぐ

気楽に現金を調達する方法として仮面調査があります。

 

仮面調査(別名:ミステリーショッパー)は、調査対象のお店に、お客さんのフリをして入店し利用することで、その店舗の調査を行う仕事です。

 

主に、飲食店やガソリンスタンド、コンビニ、ホテル、美容室、エステなどが対象店舗になりますが、主な活動内容としては、次のようなものがあります。

 

  • 案内されるまでの時間を図る
  • 店内やトイレの清掃が行き届いているかを調査する
  • 商品が提供されるまでの時間を計る
  • 接客・質問などに対する対応をチェックする
  • 商品の写真を撮って提出する

 

調達できる金額としては1日で数千円〜1万円程度の謝礼が出ます。

 

金額としては少ないですが、それよりも仮面調査の魅力は商品やサービスが無料で購入できるという点です。(※もちろん金額に上限はあります

 

しかも、店舗に行くまでの交通費が支給されるケースも多く、旅行気分で仮面調査に行く方もいるようです。

 

そんな仮面調査ですが、調査会社に応募して当選すると調査が可能になるということで、少し運要素もあります。

 

ですので、すぐにお金が必要な方にとっては確実な方法ではありませんが、

 

複数の調査会社に沢山応募することで、仮面調査でお金を稼げるチャンスも巡ってくることでしょう。

 

特に、期日が迫っている案件は当選しやすいので狙い目ですよ!

 

アンケートモニターで稼ぐ

アンケートモニターとは、アンケートに答えることで、報酬(謝礼)をもらう仕事です。

 

アンケートの内容は、WEB上の物もあれば、実際に会場調査に出向いて書類で提出するものなど様々。

 

企業側は、こうしたアンケートに基づくデータによって、消費者の意見や動向を知ることができます。

 

つまり、より良い商品やサービスを提供るための市場調査に協力するということですね。

 

アンケートモニターの良いところは、特別な資格がなくてもスマホかパソコンがあれば誰でもできること。

 

そして、スキマ時間を利用して仕事ができることです。

 

アンケートモニターの報酬金額は、1件当たり数百円〜数万円まで幅広くあり、これらはアンケートの内容によって変わります。

 

商品モニターは比較的安く、座談会や訪問インタビューなど、時間を作らなくてはいけないものは高額報酬になります。

 

アンケートモニターに参加するには、まずアンケートモニターサイトに登録する必要があります。

 

 

アンケートモニターサイトに登録すると、様々な案件を閲覧することができるので、そこからあなたが希望する報酬のものを選んで応募してください。

 

ただし、現金をしての報酬は1か月後に振り込まれますので、お急ぎの方には向かない仕事かもしれませんね。

 

アンケートモニターサイトに登録する>>

 

女性におすすめ!チャットレディ

WEBチェットを通じて男性とコミュニケーションをとることで収入を得ることができるチャットレディは、女性におすすめの高収入の仕事です。

 

しかも、スマホやパソコンとインターネット環境があればどこでもできますし、年齢も関係なく始めることができます。

 

また、他の仕事をしている方であれば、本業が終わった後の数時間だけでも稼ぐことができるので副業としても最適ですし、当面お金が欲しいという女性にもおすすめです。

 

ただし、チャットレディの報酬は完全に歩合制なので、高収入とはいえ個人差があるので注意が必要!

 

裏を返せば、才能やスキル次第で短期間でも大きく稼ぐことが可能ですが、これは本人次第なところがあるので何とも言えません。

 

とはいえ気楽に始められるので、まずはチャットレディのWEBサイトに無料登録をしてやってみるとよいかもしれませんね。

 

チャットレディは、基本的には健全なやり取りであることが多いですが、高額案件になってくると下ネタやアダルトな内容も含まれるケースがありますので、

 

そういったことに抵抗がないのであれば、非常におすすめです。

 

チャットレディのWEBサイトに無料登録してみる>>

 

債務整理も一つの手段!

既に借金があり、なおかつ返済の見通しが立たないのであれば債務整理も一つの手段です。

 

債務整理とは、支払えなくなった借金を減額してもらう、もしくは支払えないことを認めてもらう手続きのことを言います。

 

債務整理には大きく分けて3つの種類があります

 

任意整理手続き

貸し手に対して利子分を減額してもらう手続きです。

 

任意整理は債務の総額が200万円以下の人に適応される方法です。

 

減額されたとはいえ、借金の残高自体はなくならず、3年〜5年かけて返済していきます。

 

個人再生手続き

個人再生とは、裁判所に申した立てて債務額を大幅に減額してもらう手続きです。

 

個人再生は、債務額が5000万円未満の人を対象とした方法で、最大1/5まで債務額を減らすことができます。

 

住宅ローンを支払っている場合は「住宅資金特別条項」を使うことで、家を手放さずに借金を返済することができます。

 

自己破産手続き

自己破産は、裁判所に申し立てて、債務額を免責、つまり0円にするものです。

 

自己破産は、債務者が「返済不可能な状態にある」と裁判所が判断した場合に可能となる手続きです。

 

債務額が0円になるという強力なメリットもありますが、自家用車や持ち家などの財産を失う可能性もあります。

 

 

債務整理は、あなたの債務状況や返済能力に合わせて最適なものを選びましょう。

 

なお、債務整理をすると、信用情報に事故情報(ブラックリスト)としての記録が残ってしまいます。

 

そのため、

 

一定期間あらなた借り入れや、クレジットカードの契約ができなくなりますが、借金が膨れ上がる前に歯止めをかける一手として債務整理は有効な手段といえるでしょう。

お金がすぐ必要でも絶対にやってはいけないNG行為

画像

すぐにでもお金が必要!

 

そんな状況でも、絶対に手を出してはいけないNG行為があります。

 

仮に、その場しのぎでお金を調達できたとしても、後々に思った以上に面倒なことになるケースがほとんどです。

 

金銭面で緊急事態に陥ると、普段は冷静な人でも正常な判断が難しくなりますので注意が必要です。

 

ここでは、特に間違った現金調達法を3つご紹介していきます。

 

 

闇金を利用する

金銭的に追い詰められた人が、つい手を出して今いがちなのが闇金です。

 

闇金とは、「闇金融」の略で、違法な営業を行う貸金業者です。

 

闇金は、正式な貸金業者としての登録を行っていないため、法外な高金利の貸し付けを行います。

 

ですので、法のもとに健全な運営をしている消費者金融とは全くの別物であることを覚えておきましょう。

 

闇金を利用してしまうと、驚くほど高い金利を請求されることになります。

 

そして、返済が遅れると悪質な手段を使って取り立てをしてきます。

 

闇金業者の取り立て手段
  • 自宅に押しかけてくる。
  • 昼夜問わず携帯電話や自宅に電話をかけて恫喝する。
  • 職場に嫌がらせの電話をかける(退職に追い込まれることも・・)
  • 家族や友人など、関係のない人にまで返済を求める。
  • 同じ闇金グループを紹介してそこから強制的に借金させ返済させる。
  • 近所の方々に迷惑をかけ、そこに住めないようにして追い込む。

 

などなど・・・他にもたくさんありますが、どれもまともな手段とは言えませんね。

 

対処法

仮に、自己破産したとしても、もともと法的請求権のない闇金は破産しようと請求してくるのは目に見えています。

 

そして、通報したとしても民事不介入(※1)という原則から、警察は積極的に動いてはくれません。

 

正しい対処法としては専門の弁護士に相談して迅速にご対応いただくのがベストですが、それ自体にも相当なお金がかかります。

 

  • 闇金はそもそも違法だから踏み倒せばいい
  • いざとなったら自己破産すれば位
  • 警察か弁護士がなんとかしてくれるだろう

 

といった、楽観的な考えで闇金に手を出すと、ご自身だけでなく、あなたの大切な家族が迷惑を被ることになります。

 

(※1)民事不介入:警察権が民事紛争に介入するべきではないとする原則。

 

 

クレジットカードの現金化

最近、ネットの広告などでよく見かけるクレジットカードの現金化ですが、

 

「具体的な仕組みがよくわからない・・・」

 

という方も多いかと思うので、簡単にご説明しておきましょう。

 

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという意味です。

 

勘違いされる方も多いのですが、

 

クレジットカードを金券ショップに持っていって換金するという話ではありませんよ(笑)

 

クレジットカードには、お金を借りるための「キャッシング枠」と、買い物をするための「ショッピング枠」があり、

 

キャッシング枠を使い切ってしまい、現金を引き出せなくなった人が、業者を通してショッピング枠を現金化するというもの。

 

具体的には、ショッピング枠を使って何かの商品を購入した「体」にして(購入した証拠を残すために安物の指輪などが送られてきます)、消費者の口座に現金が振り込まれ、その後返品・返金するという形をとります。

 

業者は、その一連のやり取りの中で「返品手数料」という形で収益を得ます。

 

(今すぐ現金が欲しい・・・でも、借金はしたくない!)

 

という、心理が働きこの手法を取る人も少なくないようですが、クレジットカードの現金化は非常にリスクが高くトラブルが多いということを覚えておきましょう。

 

違法性

クレジットカードの現金化に違法性はないかというと・・・これは、限りなく黒に近いグレーゾーンです。

 

少なくともクレジットカード会社は、このようなショッピング枠の現金化を認めていないため、規約違反ということになります。

 

つまり、現金化の行為が発覚した時点で、クレジットカードが利用停止なる恐れがあります。

 

もちろん、こうした金銭的な取引は法的にも認められていません。

 

消費者が物を購入した体にして、即時返品という形をとっているのも、こうした法律の穴を掻い潜るためです。

 

リスク

クレジットカード現金化自体が、そもそもグレーゾーンな行為ですので、当然のことながら詐欺行為や悪徳業者が非常に多い世界です。

 

【悪徳業者による被害例】

  • 法外な手数料を請求された
  • 決済だけさせておいて、現金が振り込まれない
  • 途中で拒否しても高額なキャンセル料を請求してくる
  • 手続きの際に得た個人情報を、闇金業者にリークする

 

 

しかも、現時点でまともな取引をしてくれる業者なのか悪徳業者なのかは,非常に見分けがつきにくいということもあり、

 

クレジットカード現金化は非常にリスクが高い行為だといえます。

 

個人間融資掲示板を利用する

インターネット上には、個人でお金を貸し借りする個人間融資専用の掲示板が存在します。

 

個人間融資自体に違法性はなく罪に問われることもありませんが、問題なのは貸し手の質です。

 

個人間融資掲示板で募集している人の多くは、闇金業者なんです。

 

掲示板上のやり取りでは、善良な人を装っていますが、後々法外な利息を請求してきたり、あなたの個人情報を盗んで悪用するリスクが高いのです。

 

よくよく考えれば、インターネットの掲示板を利用してお金の貸し借りをすること自体が怪しいですよね。

 

しかし、「お金がすぐ必要」という緊急事態では正常な判断ができなくなるもの。

 

藁にもすがる思いで、こういった掲示板を利用して痛い目を見る方も少なくありません。

 

近年、掲示板だけでなくFacebookやTwitterなどのSNSから巧みに誘導する闇金業者も多いので要注意です!

 

ギャンブル

お金がないのにギャンブルなんて・・・と思うかもしれませんが、

 

すぐにでも現金が必要という状況では、普段は冷静な人でも判断力は落ちてしまいます。

 

「もぅ、一発あてるしかない・・・」

 

と、手元の少ないお金を軍資金にしてギャンブルに走ってしまうかたも少なくありません。

 

特に、ギャンブルへの依存度が高い人は「勝てば取り戻せる」という希望的観測にとらわれがちです。

 

冷静に考えれば、状況が悪化する可能性の方が圧倒的に高いのに・・・です。

 

そして、さらに怖いのが負けた分を取り戻そうとして闇金などから借金をしてしまうこと!

 

「あれ・・?そもそも何のために・・・?」

 

そして、借金が膨れ上がって、さらにお金がない状況に陥ってしまう。

 

こうして、嘘みたいな負のスパイラルに陥ってしまう人が後を絶ちません。

 

お金を調達する方法を考えたときに、少しでも「パチンコ」「競馬」「競艇」といったワードが頭をよぎった場合は、

 

まず、深呼吸をして冷静になりましょう。

 

もっと、リスクが少なく健全な方法で現金を調達する方法はいくらでもあります。

まとめ

画像

いかがでしたでしょうか。

 

「お金がすぐ必要!」という危機的状況における、現金調達法についてご紹介してきましたが、あなたの状況に合った対処法が見つかっていれば幸いです。

 

ずいぶん長い説明になってしまったので、ここまでの内容を簡単に整理していきましょう。

 

ここまでのまとめ

「お金がすぐ必要!」という状況は真面目に働いていても起こりうること。

 

だから、卑下する必要もなありませんし、安全な対処法もあるので安心しましょう。

 

今日中にお金を調達したい場合は、

 

  • 消費者金融カードローン
  • 身内や友人からお金を借りる
  • 不要なものを売る
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する

 

などの、対処法があります。

 

その中でも、安全かつ確実に現金を調達できる消費者金融カードローンがおすすめ。

 

消費者金融カードローンはプロミス、SMBCモビット、アコムなどの大手が信頼度も高く、「今すぐ」に対応したサービスも充実しています。

 

 

数日以内にお金が必要な場合の対処法としては、

 

  • フリマアプリで不用品を売却する
  • ネットの買取サービスを利用する
  • 日雇いバイトでお金を作る
  • クラウドソーシングで稼ぐ
  • 銀行カードローンでお金を借りる

 

などの対処法があり、それぞれ得られる金額や手元にお金が入るタイミングが異なるので、ご自身に合った方法を選びましょう。

 

やってはいけないNG行為としては、

 

  • 闇金を利用する
  • クレジットカードの現金化
  • 個人間融資掲示板を利用する
  • ギャンブル

 

などが挙げられます。

 

どんなに緊急事態でも、これらの方法はあなたの人生を狂わせるだけでなく、あなたの大切な家族や友人にも迷惑をかけてしまう可能性があるので、絶対に避けてくだい。

 

こういったリスクの大きい方法に手を出さなくても、合法的で安全な消費者金融カードローンを利用する方が賢明です。

 

消費者金融カードローンを選ぶポイント

最後に、消費者金融カードローンを選ぶポイントについて簡単にまとめておきましょう。

 

基本的には、即日融資可能で信頼度の高い大手消費者金融会社のカードローンを選択してください。

 

あとは、あなたの状況に合ったサービスを提供しているかどうかが選ぶポイントになってきます。

 

  • 初めてカードローンを利用する
  • 返済に関して不安がある

 

という場合は、初回30日間無利息期間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)があるプロミスかアイフルがおすすめです。

 

特に、プロミスは審査申し込みから借入までがスピーディーで分かりやすいので、初めてのご利用には最適。

 

しかも、

 

契約日からではなく、借入日から30日間無利息と、他のカードローンよりも無利息期間が長いので返済まで余裕がもてます。

 

プロミス公式サイトへ>>

 

  • 借金したことを誰にも知られたくない
  • 勤務先への在籍確認の電話は避けたい

 

という場合は、SMBCモビットのWEB完結がおすすめです。

 

SMBCモビットなら三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていれば、

 

郵送物も、勤務先への電話も連絡一切なしのWEB完結が利用できます。

 

詳しくは、SMBCモビット公式サイトをチェックしてみでください。

 

SMBCモビット公式サイトへ>>