あなたは夜しっかり眠れていますか?一日の身体の疲れを癒やす、それが「睡眠」です。しかし最近は老若男女問わず夜になっても「眠れない」と嘆く人たちが多いです。ストレスによる自律神経の乱れなどが原因で、せっかくの夜に身体を休ませることが出来ないということではフルパワーで一日が過ごせないですよね。当サイトで一緒に不眠症の解消法を学んでいきましょう。

睡眠は、一日の身体の疲れを取って次の日の活力を蓄える行動であり、人間にとってとても重要なことです。しかし、日本人には十分な睡眠を取れていない人が多く、その中には眠りたいのに眠れない人もいます。

眠れないと感じる理由は人それぞれ異なり、そこを解決できないと不眠症を引き起こす可能性もあります。不眠症を引き起こすと身体に様々な悪影響を与えることになり、それが続くことで日常生活にも影響が出てしまいます。

そこで、まずは人それぞれ異なる不眠の根本を追究し、それに対応した眠れないときの解決法を探っていきましょう。解決法は、眠れない根本を改善させれば不眠が解消される場合もあるため、いくつかのステップを踏んで対策をとっていく必要があります。

夜眠れない!日本人に多い不眠症

寝付けない様子不眠には、眠ることができるのに夜更かしをして睡眠不足になってしまう場合と、眠りたいのになかなか眠れない場合があり、後者の状態が続くようになると不眠症になってしまいます。

不眠で悩む人は世界中におり、世界人口でみると全体の30%以上が睡眠に対して何らかの悩みを持っているといわれています。また、アメリカでは人口約3億人の50%にあたる1.5億人が不眠症を経験したというデータがあり、発症の根本にあるのは強力なストレスや不安感などであるといわれています。

日本も決して例外ではなく、不眠症で悩む人は人口全体の約20%もおり、実に5人に1人の割合で発症しているとされています。アメリカと比較した場合には全体数は少ないですが、5人に1人の割合と考えると患者数は決して少ないとは言えません。また、この数字以外にも症状が出ているのに、それに気付いていない予備軍にあたる人もいます。

日本人の患者のうち、ストレスや不安を強く感じている人が約60%を占めており、大きな引き金になっていることがよく分かります。また、不眠で悩む人の約90%が、睡眠直前までテレビを見たり、スマートフォンを操作したりしていることが分かっています。中には、寝酒を飲んでいる人もいました。これらの行動から、不眠は精神状態や脳の活動と深く関係していることが分かります。

不眠の引き金は人それぞれ異なりますが、不眠を引き起こすメカニズムはみな同じです。人間が夜になると自然と眠くなり、朝になると自然と起きるのは、自律神経である交感神経と副交感神経の働きが正常に行われているからです。

夜は自然に眠くなるはず

夜に自然と眠くなるのは、落ち着きや休息などを司る副交感神経の分泌が活発になるからで、また陽が昇ると自然と目が覚めるのは、行動を司る交感神経の分泌が活発になるからです。この2つの神経のバランスを調整しているのが自律神経であり、自分の意志とは別にコントロールされています。

精神状態や脳の活動状態が正常であれば、自律神経の働きも正常に行われますが、過度なストレスを受けたり常に不安を抱いた状態になると、常に交感神経が分泌された状態になってしまい、夜になっても寝付けなくなってしまいます。また、睡眠が不十分だと人体のあらゆる組織が一日の疲れを取ることができず、常に活動をしている状態になります。この場合も、自律神経は常に交感神経を分泌させるため、眠れない状態になってしまいます。

自律神経は自分の意志でコントロールすることはできないため、その引き金となっている根本を解決させなければいけません。自分がもし自覚していない予備軍であった場合、不眠を安易に考えていたことで本当に眠れなくなってしまい、その状態が続くことでうつ病を発症してしまう可能性もあります。さらには、糖尿病や高血圧などの生活習慣病との関連性も指摘されているため、改善させる必要があります。

不眠症は睡眠導入剤で改善できる?

朝起きれない女性不眠は、自律神経のコントロールが崩れることで、睡眠と覚醒のバランスが乱れてしまうことで起こります。睡眠時に活動を司る交感神経が、休息を司る副交感神経を上回ってしまうことで眠れなくなってしまうとされており、その状態を作り出してしまうのが、ストレスや睡眠不足、アルコール、生活習慣病などです。

不眠の症状には、大きく分けて入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の4パターンがあります。入眠障害は、布団に入ってから寝付くまでに30分~1時間以上を要するタイプです。入眠障害に陥りやすいのは精神的問題を抱えている人や、緊張や不安を強く感じている人などです。

中途覚醒は、睡眠中に何度も目を覚ましてしまい、その後はなかなか眠れなくなるタイプです。日本人の成人では最も多い症状といわれており、中高年で起こりやすくなっています。

早朝覚醒は、予定している起床時間よりも2時間以上も前に目が覚めてしまい、その後はなかなか眠れなくなるタイプです。早朝覚醒は高齢者に多く起こります。

熟眠障害は、しっかり睡眠を取ったにもかかわらず、疲労などが取れず熟眠感を得られないタイプです。熟眠障害の場合では、他のタイプの睡眠障害も併発している可能性が高いとされています。

不眠症の解決法はタイプによって変わってくる場合もあるため、まずは自分がどのタイプに当てはまるかを知る必要があります。治療法には、薬を使う薬物療法と薬を使わない非薬物療法があり、まずは根本を改善させる非薬物療法から開始していくことが多いです。それでも改善されない場合には、薬物療法によって睡眠を促進させていくようになります。

薬物療法、睡眠導入剤

薬物療法で使用されるのが睡眠導入剤です。睡眠導入剤とは睡眠薬の一種であり、特に睡眠を促す効力が強い薬をさします。不眠症には、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害の4タイプがありますが、睡眠導入剤で症状を改善できるのは、主に眠りたいのになかなか眠ることができない入眠障害のタイプになります。

睡眠薬には2つの種類があり、1つが入眠障害を改善する睡眠導入剤で、もう1つが睡眠中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒を改善させる睡眠薬です。

睡眠薬全般には、効果が持続する時間によって超短時間型(3時間~4時間)・短時間型(5時間~6時間)・中時間型(7時間~8時間)・長時間型(9時間以上)に分けられ、睡眠導入剤は眠りを促すことが目的であるため、主に超短時間型や短時間型の睡眠薬となります。

入眠障害以外の3タイプのうち、中途覚醒の改善には中時間型や長時間型の睡眠薬が効果的とされています。中途覚醒では、睡眠の途中(夜中)に目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けなくなってしまうため、7時間以上の継続睡眠が可能となる中時間型や長時間型を使用することによって、夜中に目を覚ますことなく翌朝を迎えることができるようになります。

メラトニン配合の睡眠導入剤メロセット

睡眠薬の歴史は1950年から始まり、2000年代頃まではバルビツール酸系睡眠薬、ベンゾジアゼピン系睡眠薬、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬などの、GABA受容体作動薬などが主流でした。しかし、これらの睡眠薬は依存性が高く、また副作用などの危険性も指摘されていました。そして、2010年頃から、より安全性の高い睡眠薬として開発され登場したのが、メラトニン受容体作動薬です。

メラトニンとは、松果体(間脳の第3脳室から突き出るようにして存在する内分泌腺)から分泌されるホルモンの一種で、松果体細胞は血中からL-トリプトファン(必須アミノ酸の一つ)を細胞内に取り込み、それを原料にしてセロトニンを合成します。

セロトニンとは、ノルアドレナリンやドーパミンと並び、体内で重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つで、精神安定や心身に安らぎを与える物質です。精神面に深く関与することから、最近では幸せホルモンとも呼ばれています。セロトニンは覚醒に関わるホルモンであり、日中に活性が高まります。松果体で合成されたセロトニンは、さらに複数の酵素によってメラトニンと呼ばれるホルモンとなって血液に戻されます。メラトニンは睡眠のリズムを司る重要な物質であり、主に夜間に活性が高まります。そのため、十分なメラトニンが分泌され活性化することで睡眠が促されるわけです。

レム睡眠

睡眠時の脳波には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。レム睡眠とは、自律神経の働きを休ませる眠りのことで、このとき脳は活動状態にあるため覚醒している状態に近いです。睡眠中に夢を見たり、急速眼球運動(眼球が動く状態)などが起こることがありますが、それはこのレム睡眠時に起こるとされています。

ノンレム睡眠

ノンレム睡眠は、大脳を休息させる眠りのことで、眠りの深さによって4つの段階に分類されます。睡眠状態になってすぐに表れるのがノンレム睡眠で、徐々に深くなっていきやがて眠りが浅くなりレム睡眠に変わります。ノンレム睡眠からレム睡眠までが約90分、レム睡眠からノンレム睡眠までが約20分となり、これを4サイクル~5サイクル繰り返して朝を迎えます。

レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが大切

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルがバランス良く行われるためには、メラトニンなどのホルモンの働きが大きく関わっています。メラトニンの働きが活性化されるためには、メラトニンの受け皿となる受容体と結合しなければなりません。睡眠導入剤の「メロセット」には、不眠症患者に不足しがちなメラトニンが主成分として豊富に配合されているため、効果的に受容体と結合させることができ、睡眠サイクルを正常化して眠りへと導いてくれます。

従来の睡眠薬は、薬剤の成分の力を使って脳の抑制させ、体に疲労感をもたらすことで睡眠へと導くものでした。そのため、成分の効能が強く、依存性を起こしたり、記憶障害やせん妄(意識障害によって起こる脳の混乱状態)などの副作用が問題視されていました。しかし、メロセット人体に存在するメラトニンの働きを利用した睡眠薬なので、副作用などの心配がなく安全です。

メロセットは個人輸入代行で簡単に買える

睡眠導入剤「メロセット」は、メラトニンの働きをサポートし、睡眠サイクルを整えることで眠りを促進させていく作用があります。薬の形状は錠剤で、1錠あたりメラトニンが3mg配合されています。服用方法としては、通常は就寝前に1錠を服用します。分量は1回に付き1mg~5mgまでとし、不眠のレベルや年齢に応じて分量を変えるようにします。注意点として、眠気を誘う薬であるため、服用後の車の運転や危険な作業などは控えるようにします。

メロセットは、メラトニンを主成分とする処方箋医薬品ロゼレムのジェネリック医薬品であり、日本では厚生労働省の認可を受けていないため販売されていません。従って、購入する際には海外から輸入することになります。ただし、輸入する際には制限があるため注意する必要があります。

無認可医薬品を輸入する際には、輸入代行業者に依頼して購入するのが一般的ですが、医薬品によって一回に輸入できる量が決まっています。それを守らずに輸入すると違法となるため、必ず代行業者に依頼する際に確認しておくことが大切です。メロセットの場合、1ヶ月以内の分量を購入する場合であれば輸入することができます。1日1錠の服用となるため、一回の輸入で購入できる分量は30錠までとなります。

新薬であるロゼレムの価格は1錠84.9円となっており、30錠購入した場合には2,547円かかります。処方薬であるため健康保険によって3割負担にはなりますが、薬代のほかに診察料金や調剤料金などが加算されることになります。一方、メロセットはジェネリック医薬品であるため薬代が非常に安く、1錠あたり約36.8円となり、30錠で1,104円となります。輸入代行業者によって多少の価格の差がありますが、新薬よりは安価であることは確かです。輸入する場合には医師の診断は必要ないため、診察料金や調剤料金などは掛かりません。

輸入代行業者は最近急激に増加しており、その一部には違法な手段で営業を行っている業者もいます。医師の診断のもとで処方されるわけではないため、信頼できるのは依頼する輸入代行業者となります。もし、安易に業者を決めてしまったことで偽物の薬を購入し服用してしまうと、本来ならば起こるはずのない副作用などが起こる危険性もあります。そのため、輸入代行業者を選ぶ際には多くの信頼を得ているところに依頼することが大切です。

メラトニン配合の睡眠導入剤は、輸入代行業者に依頼すればリーズナブルな価格で簡単に購入することができるため、大変便利です。しかし、初めて利用する場合には、しっかりと検討したうえで依頼する業者を決定することが大切です。不眠症はそのまま放置していると、うつ病などを発症する可能性があり、うつ病になってしまうと更に眠れない日々が続く可能性が高いです。

新薬と同じ成分を配合し、同じ効果が得られるジェネリック医薬品は価格も安いため魅力的ですが、その分、多くの偽薬が出回っているのも事実です。従って、本当に信頼できる輸入代行業者を利用して、合法のもとでメロセットを購入するようにしましょう。